教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 情報理工学部情報科学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、最先端技術の研究とさらに次世代の情報処理技術の種となる基礎研究をすすめるために、普遍的科学研究と深い思索による飛躍的着想を追求することです。そして、情報分野に関するグローバルな視野と新しい情報処理技術を創成できる素養を持ち、即戦力として国際社会に貢献できるような人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 情報理工学部情報科学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 理学と工学の両面から情報に関する幅広い基礎知識とコンピュータ科学・脳科学・画像処理等に関する専門知識をあわせ持ち、さらに現代社会における様々な課題、ニーズを柔軟に理解する能力を有している。

『汎用的技能』
 情報分野の技術を応用し、時代の多様なニーズに対して理学および工学的な立場から解決策を見出すことができる。

『態度・志向性』
 情報技術者のモラルと使命を理解して、情報分野の理学および工学的な発展に寄与し、社会に貢献することができる。

カリキュラム・ポリシー

 情報理工学部情報科学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 全体は、基礎教育科目、情報科学共通科目、専門分野科目、情報科学ゼミナール、卒業研究と段階付け、徐々にステップアップする構成になっています。
 初年次より「基本情報処理技術者試験」のシラバスを参考にした科目配置を行い、社会が本学科出身者に求める情報理工学分野の幅広い基礎知識を身につけさせます。「情報技術者基幹科目」「情報科学共通科目」の上に、本学科独自の研究分野に関連した「情報・ネットワーク分野」「人間・脳情報分野」「画像情報分野」の科目を配置し、専門的知識を教授します。国際的リーダーとなりうる人材の育成のため、TOEIC科目を配置し実用英語を身につけさせます。初年次には「情報科学入門ゼミナール」、3年次後期には「情報科学ゼミナール」、4年次には「卒業研究1・2」等の実践的教育を通して、新しい情報技術を創成する能力やリーダーシップを育成します。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、情報理工学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

情報科学科へ戻る