国際文化学部

国際文化学部ニュース

国際文化学部ニュース一覧へ

国際文化学部紹介

実践的な学びの場 国内外のフィールドワーク。
「高等教育における座学を実践へと結びつける」という指針に基づいて、札幌ほか日本各地での活動や、海外でのフィールドワークを重視。社会に貢献できる人材育成を目指して、多種多様な選択肢から知識やスキルを身につけるためのプログラムを用意しています。
学びの可能性が無限に広がる、地域との密接な連携。
異なる分野を学ぶ3学科が連携し、文化やスポーツ、デザインを学習することで、学びの幅や可能性が大きく広がります。なかでもスポーツを専門とする地域創造学科とデザインを専門とするデザイン文化学科の学生がコラボレーションできる制度を整えて、学びを追求しています。
スポーツ指導、英語に関する 資格取得を全面サポート。
進路を決める上で有利になる資格取得を目指すために、本学部ではカリキュラムを充実。地域創造学科では公認スポーツ指導者など、国際コミュニケーション学科では教職課程に加えTOEIC(R)やTOEFL(R)のスコアを向上させるプログラムを作成しています。

国際都市札幌を舞台に外国語運用能力と国際感覚を養い国境を越えて仲間をつくれる環境適応力と関係構築力を育成します。

 国際文化学部には、スポーツを通して社会の共通課題と取り組む地域創造学科、高度な外国語運用能力と異文化理解力を養う国際コミュニケーション学科、デザインの知識と技術を生かして新しいライフスタイルを世界に発信するデザイン文化学科があります。スポーツ、外国語、デザインは、単なるスキルではなく、皆さんと国際社会とを結ぶ「架け橋」といえます。国際文化学部は、これら3分野の学びを国際社会とつなぐことにより、みなさんが、世界のより多くの人々と仲間になり、より多様な環境に適応できるようになることを目指します。

国際文化学部の教育研究上の目的、養成する人材像

国際文化学部学科一覧

地域創造学科

座学とフィールドワークを通じてふたつのコースを広く学びスポーツを地域や産業に生かす

国際コミュニケーション学科

“学び” を “実践力”に独自のアプローチで世界で活躍する人材を育てる

デザイン文化学科

デザイン力と企画力を高め総合力を持つデザイナーを育成

国際文化学部へ戻る