東海大学日食観測プロジェクト2016

2016年3月9日 望星丸の船上から皆既日食の映像を

インターネット配信について

配信日時

2016年3月9日(水)10:00~10:30

配信先はこちら

プロジェクト概要

2016年3月9日に日本各地を含む東アジアおよびオセアニア地域と、アラスカ、カナダの一部までの一帯で日食が観測されます。インドネシアの島々では皆既日食、日本では2012年5月21日に発現した金環日食以来、4年ぶりの部分日食として見ることができます。

東海大学では、2009年7月にトカラ列島を中心とした皆既日食において、本学の海洋調査研修船「望星丸」にて日食観測プロジェクトを実施。東海大学の付属諸学校と連携し、インターネットを使った番組を制作し、インターネット配信も行いました。また、2012年5月に九州・四国・関東にて観測された金環日食においても、付属諸学校や和歌山大学などと連携し、インターネット配信番組を制作しました。

今回も「第47回海外研修航海」として航行中の「望星丸」からの日食映像をもとに、理科教育番組としてインターネット配信を予定するほか、各キャンパスや付属諸学校との連携プログラムに取り組みます。本学園のネットワークを最大限に生かして実施する日食イベントを通じて、大学としての社会的責任を果たすだけでなく、理科系教育の普及、教育の機会の拡大を図ります。

「望星丸」からの観測について

学校法人東海大学は、毎年、「望星丸」を利用し、「海外研修航海」を実施しています。その航海では、東海大学、東海大学短期大学部、東海大学医療技術短期大学、東海大学福岡短期大学から学部学科や学年が異なる学生約100名が乗船し、約1か月半もの間、南太平洋の島々を巡りながら異文化理解や環境保護、協調性の大切さなどを実践的に学びます。2015年度は、第47回海外研修航海として34日間(2月23日-3月27日)の研修航海が行われ、沖縄、パラオ、ラバウル、ポンペイを巡ります。

今回は、研修航海中の3月9日にパラオ沖にて、研修団が皆既日食を観測します。正確な時間は観測場所によって多少時間が異なりますが、予定の観測ポイント(03.87N137E)では、8:52AMに太陽が欠け始め、10:15AM-10:19AMまで皆既日食が観測されます。日食終了は11:52AMです。

航路と日程

研修日程

日食観測

湘南キャンパスでのイベント

東海大学日食観測プロジェクト~宇宙の奇跡2016~

日時

2016年3月9日(水)10:00~11:00

開催場所

湘南キャンパス8号館8-401
住所:神奈川県平塚市北金目4-1-1
電話:0463-58-1211(代)

企画概要

対象者:一般(平塚市・秦野市など近隣地域在住の皆様)
内容:来場者には皆既日食の中継を交えた番組のネット配信をご覧になっていただきます。

次第

9:00 開場
9:45 アナウンス(イベントの流れ説明)
10:00 番組配信開始
10:30 番組配信終了予定
10:30~11:00 部分日食観測
11:00 イベント終了

主催

東海大学チャレンジセンター日食観測プロジェクト

番組協力団体

  1. 1.工学部電気電子工学科
  2. 2.海洋調査研修船「望星丸」 日食観測担当班
  3. 3.文学部広報メディア学科
  4. 4.学校法人東海大学
    海外研修航海実行委員会 海洋調査研修船「望星丸」
  5. 5.東海大学
    大学運営本部学長室 チャレンジセンター 総合情報センター
    大学運営本部戦略プロジェクト室 一貫教育センター 清水船舶運航課
  6. 6.技術協力
    株式会社ブレーンズ・システム