海外研修航海

東海大学の海洋調査研修船「望星丸」で体験する、1カ月以上におよぶ船上生活と諸外国への訪問

東海大学の海外研修航海は、大学が所有する海洋調査研修船「望星丸」(遠洋/国際航海旅客船・国際総トン数2174トン)で諸外国を訪問する本学独自の教育プログラムです。国際交流や外洋航海、船上生活を通じて研修学生の皆さんに、異文化理解や環境保護、協調性の大切さなどを実践的に学んでもらうことが目的です。

東海大学、東海大学短期大学部、東海大学医療技術短期大学、東海大学福岡短期大学の在学生を対象に毎年秋ごろに参加者を募集し、書類・面接選考を経て研修学生を決定しています。第1回海外研修航海(1968年)以来これまでに約3138人の学生が参加しました。

1996年に実施した世界一周研修航海(第28回)を含め、訪問地はハワイやオーストラリア、上海、南太平洋の島々など68カ所にのぼり、現地の大学や公的機関などとも交流を重ねてきました。船上生活では語学研修や訪問地研究、各種クラブ活動なども行っています。

東海大学の海外研修航海は、諸外国の文化や社会事情に触れて国際的な視野を広げ、見渡す限りの海原で刻一刻と変化する自然環境と向き合い、船内という限られた生活環境で豊かな人間性を培うことで学生一人ひとりが人生観と世界観の確立をめざす、本学建学の精神を具現化する教育活動です。

海外研修航海Facebook新しいウィンドウを開きます

第49回海外研修航海サイト新しいウィンドウを開きます


国際交流・留学へ戻る