教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 農学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、食料生産および利用の理論ばかりでなく、その実学を重視し、食と生命の関係をよく理解した心豊かな人物で、グローバルな視点から環境と調和した「食の重要性」と「生命の尊さ」を後世に伝承出来る力をもった人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 農学部では、本学の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 食料生産、環境、生命についての科学的な基礎知識と、自然と人との関わりについての人文社会的基礎知識をあわせ持ち、さらに専門分野における応用的知識を有している。

『汎用的技能』
 地域に根付く伝統的な知恵に加え、グローバルな最新の知識・技術を応用し、具体的な間題に対する実践的な対処・解決の方策を導き出せる。

『態度・志向性』
 文理融合的な柔軟で幅広い視野で社会を理解し、自らの意見をもって、特に食料生産、環境、生命などの分野で責任ある社会貢献ができる。

カリキュラム・ポリシー

 農学部が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 本学部の教育の基礎となる、食料生産、環境、生命についての科学的な基礎知識と、自然と人との関わりについての人文社会的基礎知識を修得し、文理融合的な農学的視野を育成するために、「農学概論」を必修科目として開講しています。
 初年次教育の要となる科目として、「フレッシュマンセミナー」を開講し、教育課程や学術研究に対する理解、キャリア意識の形成等を図ると同時に、「自ら考える力」と「集い力」の養成に重点を置き少人数によるアクティブラーニングを取り入れた教育を行います。また、実験科学の基礎を体験的に修得するために「生物学実験」及び「化学実験」を必修科目として開講しています。加えて、現代社会において欠かせない情報に関するリテラシーを養成するために「情報リテラシー」も必修科目として開講しています。
 専門性を活かしたキャリアに関する理解と能動的に自らの将来を考える能力を養うために、「将来設計と就職1・2」を初年次と2年次にそれぞれ開講しています。
 また、2年次以降を対象として「総合農学実習」を開講しています。この科目では、学外のフィールドや機関などを利用して、視野の拡大とこれまで修得した農学的基礎知識や技術を応用する力を実践的に養成することを意図しています。
 さらに4年次には、自らの意見をもって積極的に社会で活躍する能力の養成を目指し、専門教育課程の集大成として、「卒業研究1・2」が全学科必修科目として開講されており、これまでの学びで培った4つの力を総括し、最終的かつ総合的に学修の成果が評価されます。

『学修成果の評価方法』

 本学部のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッション・ポリシー

 農学部の教育研究上の目的及び養成する人材像を理解し、これらを達成するために自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

『求める学生像』

 農学部で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることが期待でき、基礎学力が十分にある人材。

『入学者に求める知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』

(1)知識・技能
 英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
 数学では、高校での数学の科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましい。
 理科では、高校での理科(物理、化学、生物、地学)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。
 国語及び社会は、理系の学問を学ぶ上で必要な文化的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 文理融合の観点から、文系の知識・技能と理系の知識・技能を総合して応用できること、及び、それらを発信できることが求められます。

(3)主体性を持って多様な人々と協同して学ぶ態度
 多様な価値観を理解する姿勢、良好な人間関係を築いていく姿勢、物事に対して挑戦的に取り組む姿勢、及び、失敗や挫折を乗り越えて目標を達成しようとする姿勢を持ち、自ら学ぶ意欲が求められます。

農学部へ戻る