窪田 紘明

窪田 紘明

クボタ ヒロアキ

  • 講師
  • 学位:博士(エネルギー科学)

基本情報

所属

  • 工学部 / 精密工学科
  • 工学研究科 / 機械工学専攻
  • マイクロ・ナノ研究開発センター

ジャンル

  • 省エネ・エコ
  • 自動車

研究と関連するSDGs

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任

研究内容

弾塑性力学を応用してモノづくりをデザインする

形ある工業製品はすべて材料を加工することで生み出されている。私の研究室では精密機械、医療機器、航空機、自動車、鉄道などへの適用を目指した新しい塑性加工技術を研究している.さらに、材料特性の評価手法、材料の変形を予測する数値解析技術、接合技術、製造された製品の性能までを総合的に考えたモノづくり研究を推進している。

弾塑性力学を応用してモノづくりをデザインする

詳細情報

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) 加工学、生産工学

論文

広範囲の強度と板厚に対応する新規有効幅計算式の提案および穴による部材強度低下の抑制方法の検討

3次元熱間曲げ焼入れの成形可能範囲:―3次元熱間曲げ焼入れ技術の開発 第2報―

3次元熱間曲げ焼入れの成形特性:―3次元熱間曲げ焼入れ技術の開発 第1報―

軸方向可動金型を用いた鋼管ハイドロフォーミング技術の開発

Finite Element Analysis of Three-Dimensional Hot Bending and Direct Quench Process Considering Phase Transformation and Temperature Distribution by Induction Heating

鋼管ハイドロフォーミングにおける上下複動加工法の開発

引抜き棒線材の線径変化に関する解析的・実験的検討

講演・口頭発表等

  • 引抜き加工中の温度勾配を用いた棒線材の残留応力制御
  • 3点曲げを用いた鋼管の伸びフランジ性評価技術の開発
  • 高周波誘導加熱の温度分布と金属組織変化を考慮した熱変形解析―3次元熱間曲げ焼入れ(3DQ)量産加工技術の開発 第6報―
  • 3次元熱間曲げ焼入れのFEM解析モデルの開発
  • 3次元熱間曲焼き入れ(3DQ)量産加工技術の開発 第5報 解析モデルへの流動応力のひずみ速度依存性と変態ひずみの導入
  • 鋼管ハイドロフォーミングにおける上下複動加工法の検討
  • 3次元熱間曲焼き入れ(3DQ)量産加工技術の開発 第3報 3DQの変形解析結果
  • 3次元熱間曲焼き入れ(3DQ)量産加工技術の開発 第2報 3DQのFEM解析モデル
  • 鋼板のハイドロフォーム技術の開発 第4報 成形難易度の検討
  • 冷間穴ダイス引抜きにおける引太り・引細り現象の解析的検討
  • 引抜き条件が線径に及ぼす影響
  • 引抜き条件が線径に及ぼす影響の解析的検討 棒線材の高寸法精度化の研究―第1報―
  • 325 引抜き条件が線径に及ぼす影響(塑性加工の動向とその展開2)
  • 引抜き加工におけるダイス穴径の熱膨張が線径に与える影響
  • 引抜き加工における開口きずおよび閉口きずの変形挙動の実験的検討

産業財産権

  • 車両用骨格部材及び車両用骨格部材の製造方法
  • 鋼板のスポット溶接構造及びこれが適用された車両上部構造
  • 車両上部構造
  • 熱処理装置、鋼材の熱処理方法及び鋼材の熱間曲げ加工方法
  • 車両側部構造
  • 中空管材の製造方法
  • 曲げ部材の製造方法と鋼材の熱間曲げ加工装置
  • 熱処理装置、鋼材の熱処理方法及び鋼材の熱間曲げ加工方法
  • 中空管材の製造方法
  • 自動車用の動力伝達系シャフト
  • トーションビーム、トーションビームAssy及びトーションビーム式サスペンション装置
  • 端部増肉金属管及びその製造方法
  • 焼入れ鋼材の製造装置および製造方法と、熱間三次元加工装置
  • 端部増肉鋼管の製造装置および製造方法
  • ハイドロフォーミング加工品の製造方法および製造装置
  • 曲げ部材の製造方法及び鋼材の熱間曲げ加工装置
  • 曲げ部材の製造方法と鋼材の熱間曲げ加工装置
  • 補正機能を有する屈曲部材の製造装置および屈曲部材の製造方法
  • 中空部材の製造装置
  • 熱処理鋼材又は曲げ部材の製造装置及び製造方法

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215