応用植物科学科

震災の影響により、授業については熊本キャンパスを中心に実施し、一部実習等を阿蘇キャンパスで実施します。

研究を通して食料問題の解決に取り組み、人と自然の共生を志す。

地球規模で生じる環境問題を解決するためには、植物のもつ力が有効だと考えられています。それを理解した上で、環境に配慮した新しい生産技術、食料危機に対応する品種改良、ゲノム解析などの先端技術を身につけます。また、実験や実習を通して創造力豊かな人材を育てます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「農学概論」は農学部全教員が担当。自然科学関連科目を通じ、農学について考えていきます。植物バイオテクノロジーの基礎も学びます。

2年次

植物の栽培や改良法などの専門科目を学び、食や健康について考えます。さらに、「応用植物学実験」や「農場実習」などを行い、植物や昆虫の理解を深めます。

3年次

研究室に入り、専門性の高い理論や実験方法を広く深く学びます。2年次までに学んだことを応用し、自分の意見をもってコミュニケーションできる人材を目指します。

4年次

研究テーマを決定し、実験計画を立て、実験や調査を行い、得られたデータを分析して論文を作成し、わかりやすく発表する方法を身につけます。専門性を極めると同時に問題解決方法を体得し、社会に役立つ人材を目指します。

将来のビジョン

アグリビジネス、農業団体から食品関連、医薬関連など幅広い分野で活躍することができます。また、進学や高等学校教員、公務員になる道も。

学科のキーワードと概要

安全・安心な食料を生産するための技術、バイオテクノロジーの応用力、環境問題の解決法