応用植物科学科

農学部

  • 熊本キャンパス

2022年度より学科名称を「農学科」に変更して募集します。

地球規模で生じる環境問題を解決するためには、植物のもつ力が有効だと考えられています。それを理解した上で、環境に配慮した新しい生産技術、食料危機に対応する品種改良、ゲノム解析などの先端技術を身につけます。また、実験や実習を通して創造力豊かな人材を育てます。

受験生向け情報

2022年度より、東海大学の学部・学科が新しくなります。最新新情はこちらをご覧ください

学部ページ

デジタルパンフレット

イベント情報

農学部:2022年4月新学科設置予定

応用植物科学科ニュース

応用植物科学科の特色

安全で安定した食料生産

農業や化学肥料に過度に依存しない環境を重視した作物、果樹、野菜、花などの栽培や整理生態について学べます。天敵昆虫を用いて害虫の駆除を行う生物的防除技術など、安全で安定した食料生産を可能にするさまざまな技術について学べます。


最新の植物バイオテクノロジー

地球的規格での食料危機に対応できるように、バイオテクノロジーなどの先端技術を用いた品改良について学べます。食科危機に対応し、これまでまったく利用されてこなかった未利用地物資の探索、保存などの先端技術の活用について学べます。


自然環境の保全

森林や草原などの緑地の果たす役割や、植物のもつ多様な質を明らかにすることで、いかに人間の生活の向上に役立たせるかを学べます。地球規模で進む砂漠化をいかに防ぐか、人類や生物の生存に適した環境をどのように守っていくかを学べます。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成