教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 農学部応用植物科学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、講義で知識を得るだけでなく、実験・実習を通じて直接植物に触れ、また、熊本の農業や自然に接することによる体験型の教育を通して、理論だけでなく創造性豊かな人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 農学部応用植物科学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 食料生産を向上させるために必要とされる、作物の特徴や栽培管理について幅広い知識を持っている。さらに、天敵昆虫などの有用生物も活用した有機農業や環境保全型農業など環境に大きな負荷をかけない農業の特徴や課題を学び、持続可能な農業の必要性について理解する。

『汎用的技能』
 地球規模での食料危機や生物多様性の喪失に対応するために、環境ストレスに対する作物反応の解明と得られた知見の活用、未利用生物資源の探索とその有効活用、バイオテクノロジーやDNA分析を活用した品種改良など、先端技術を応用し、農業をとりまく諸問題に対して実践的な対処・解決の方策を導き出せる。

『態度・志向性』
 人間社会とそれを取り巻く自然の役割や植物の持つ多様な価値を深く理解し、自らの考えを持って、自然環境の保全や人類の未来に関して、国際的視野をもった責任ある社会貢献ができる。

カリキュラム・ポリシー

 農学部応用植物科学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 応用植物科学科では、農学部のカリキュラム・ポリシーで示したように、学部共通科目を通じて、学部や学科の教育課程や学術研究に対する理解、キャリア意識の形成、実験科学の基礎の修得、情報に関するリテラシーの養成、農学的視野の拡大と農学的基礎知識や技術を応用する力の養成を意図しています。
 本学科では、教育分野として「作物学」、「園芸学」、「遺伝育種学」、および「応用昆虫学」分野に加えて「環境」に関する分野を設け、作物の特徴や栽培管理に関する幅広い知識の修得と、環境に大きな負荷をかけない持続可能な農業の必要性についての理解を図ります。これらの学問領域については、1セメスターの「自然科学関連科目」を基礎として、2・3セメスターでは専門科目の導入分野として位置づけられる「応用植物基礎科目」が開講されます。さらに、4・5・6セメスターでは先端の情報を交えながらそれぞれの分野を深く探求できる「応用植物総合科目」に加え、「農学関連科目」を設けて幅広く動物や食品等の知識を深めることができます。また、実学を重視する立場から、各セメスターに適したレベルで、土壌、植物および昆虫を対象とする「実験実習科目」を設け、自らの体験を通じて各専門分野の知識や技術をより深く理解し、課題を解決する能力を養成します。
 最終年次である7・8セメスターでは、6セメスターまでに習得した知識や技術を基礎として1年を通じて卒業研究に積極的に挑み、課題の設定、目的、材料と方法、結果や考察のとりまとめなど仲間と切磋琢磨しながら総合力を習得します。最終的には卒業研究の成果を分かりやすく発表するとともに残された課題について自らの考えを分かりやすく表現できる力を身につけ、卒業後にどのような課題にも対応できる問題解決能力と向上心や協調性を併せ持つ人材の育成に資する人物となるよう教育目標を設定しています。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、農学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

応用植物科学科へ戻る