情報通信学部

情報通信学部ニュース

情報通信学部ニュース一覧へ

情報通信学部紹介

社会で需要が高い分野に絞り情報通信開発技術の即戦力を養う。
本学部は、社会での需要が高い分野を学ぶ「情報メディア学科」「組込みソフトウェア工学科」「経営システム工学科」「通信ネットワーク工学科」で構成されています。それぞれの技術に特化した教育・研究を実践し、産業界で即戦力として活躍できる人材を育成します。
産学連携型教育により〝実際の現場"を見て学ぶ。
 「いま何が実際の開発現場で求められているのか」をベースとした産学連携型教育を行っています。IT企業が集中する品川エリアにキャンパスがあるため、インターンシップや企業の研究開発者を講師として招く機会も頻繁に設けています。
I T企業を筆頭にさまざまな分野で必要とされる情報系技術者に。
海外依存が課題であるソフトウェア開発業界において、即戦力を身につけた本学部の卒業生は就職に有利です。また並行して、英語力、プレゼンテーション力を高めるカリキュラムも充実させ、国際化するビジネスシーンに対応できる能力開発にも力を入れています。

幅広い視野と高い志を持ち国際社会で活躍できる情報通信技術者の育成を目指しています。

高度情報化社会の進展に伴い、今後の情報通信技術者にはソフトウェア開発能力、通信ネットワーク技術などの専門的スキル以外に、問題分析・解決能力、英語コミュニケーション力などが求められています。このような社会的要請に応えるため、本学部では英語教育にも力を入れ、幅広い視野と高い志を持ち、国際社会で活躍する技術者の育成を目指しています。新しい技術分野には、新しい感性や専門的スキルを身につけた技術者が活躍できる場が多数用意されています。本学部を通して自分の夢を実現する場を見つけてください。

情報通信学部の教育研究上の目的、養成する人材像

紀要 情報通信学部

情報通信学部学科一覧

情報メディア学科

情報メディアを創造し操ることで、社会に貢献する能力を身につける。

組込みソフトウェア工学科

実践的な知識・技術を身につけ国内外の幅広いジャンルで活躍する組込みソフトウェア技術者を育成。

経営システム工学科

情報マネジメント能力を養いあらゆる企業の経営をサポートする人材になる。

通信ネットワーク工学科

私たちの生活に欠かせない通信ネットワークの構築・利用・防衛スキルを修得した技術者になる。