情報理工学部

情報理工学部ニュース

情報理工学部ニュース一覧へ

情報理工学部紹介

豊かな人間性と幅広い視野を持つIT エンジニアを育成する。
情報理工学部では「人間」をキーワードに、理学と工学のふたつの側面から情報技術の開発に取り組んでいます。ITの高度な知識や技術だけでなく、豊かな人間性と幅広い視野を併せ持つ、時代のニーズに合ったITエンジニアを育成します。
実社会で役立つ応用力を身につけるための、実験・実習が充実。
コンピュータリテラシー基礎教育の充実と同時に、豊富な実験・実習で実践的なスキルを身につけます。机上の理論だけではなく、経験を通して体で覚えることを重視しています。福祉や多様な情報社会のニーズに対応する応用力や問題解決能力を育成するカリキュラム構成が、本学部の特長です。
高い就職率を支える進路・就職指導。
一流企業出身の経験豊富な就職担当職員とキャリア就職センターが徹底して就職をサポートします。学んだことが具体的な進路につながるように、情報処理技術者試験などの各種資格試験を考慮した選択科目も設置。これにより本学部は毎年高い就職率を維持しています。

新しいIT(情報技術)ツールを開発し、情報と人間の間のインターフェースを構築していく人材を育成します。

情報は、現代社会を構成する重要な要素となっています。今後も発達していくであろう情報技術を扱うために、必要なもの。それは、技術を正しく扱える「豊かな人間性」、新しい技術を展開していくための「基礎力」、学びを実社会で役立てられる「実践的な応用力」であると私たちは考えます。本学部では、その教育方針をもとに、アプローチの異なる理工2学科体制で「情報と機械と人間」をコンピュータで結びつける教育・研究を行っています。情報への興味を持つ皆さんに、発見や可能性を提供していきたい。それが私たちの願いです。

情報理工学部の教育研究上の目的、養成する人材像

情報理工学部学科一覧

情報科学科

多角度に情報をとらえ豊かな発想力を身につけることで即戦力として活躍する。

コンピュータ応用工学科

ハードとソフトに精通し現代社会に貢献するコンピュータ応用技術を習得。