学びのスケジュール

履修モデル

教員を目指す

教員を目指す皆さんは、1~4セメスターまでに、教職科目、教養系の科目、専門科目の基礎的な科目をなるべく多く履修します。その後、5~8セメスターにかけて、専門科目の応用的な科目や教科教育法・教育実習などを履修します。
また、他学部の科目を履修し、保健体育以外に国語や社会などの免許状を取得することもできます。みなさんもチャレンジしてみましょう。

1~4セメスター

教職科目、英語科目、剣道特別実習、水泳理論および実習 など

5~8セメスター

保健体育科教育法、研究ゼミナール など

一流競技者を目指す

一流競技者を目指す皆さんは、1~4セメスターまでに、教養系の科目や、専門科目の基礎的な科目をなるべく多く履修します。その後、5~8セメスターにかけて、専門の応用的な科目や競技力向上のために必要な、科学的トレーニングなどの授業を他学科において履修するとさらに効果的でしょう。

1~4セメスター

現代教養科目、学部共通基礎科目、武道実習C(弓道) など

5~8セメスター

アスリート論、柔道特別実習、研究ゼミナール、トレーニング論 など

大学院(研究職)を目指す

研究者を目指し大学院に進学するには、1~4セメスターまでに、教養系の科目や専門科目の基礎的な科目、学部共通基礎科目において、多方面にわたる講義科目を履修します。その後、5~8セメスターにかけて、大学院において専攻希望する研究分野の他学科科目を学ぶことが良いでしょう。また、8セメスターにおいては、大学院科目の先行履修をすることもできます。

1~4セメスター

現代文明論、学部共通基礎科目、体育経営管理学、武道科学概論 など

5~8セメスター

研究ゼミナール、スポーツ科学人文系演習、武道学研究法、大学院先行履修科目 など

セメスター制度について

東海大学は、セメスター制度を導入しています。セメスターとは、1年を半分に区切って、1セメスターと呼び、1・2セメスターが、一般的に言う1年生になります。
最低8セメスター在籍し、124単位を修得すれば卒業となります。

武道学科へ戻る