教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 観光学部観光学科の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、文化・社会・自然の多様性ならびに観光の諸現象に関する知識と理解、問題発見解決力・創造力、日本語や英語等多言語でのプレゼンテーション・コミュニケーション力をはじめとする汎用的な能力と技能、協調性を保ちつつ独自性を発揮できる自己管理力等、学士の学位をもって社会で生きる基礎的な力を有し、観光・サービス産業やそれらの研究分野の発展に貢献することができる独創的人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 観光学部観光学科では、本学の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 文化・社会・自然の多様性ならびに観光に関する体系的かつ広範な知識を有し、それらを実践的に応用できること。

『汎用的技能』
 コミュニケーション・スキル、情報リテラシー、論理的思考力などの基本的技能を身につけ、観光・サービス産業の場でさまざまな問題の解決に役立てることができること。

『態度・志向性』
 現代のグローバルな状況に対応できるよう、自己管理力、協調性、社会的責任感をもち、観光・サ-ビス産業の発展に寄与することができること。

カリキュラム・ポリシー

 観光学部観光学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 本学部の教育の基礎となる、文化・社会・自然の多様性ならびに観光の諸現象に関する知識と理解を育成するために、観光学とは何かを総合的に学ぶ「観光学概論」を初年次の必修科目とします。また4つの専門分野(観光文化、サービス・マネジメント、レジャー・レクリエーション、地域デザイン)の基礎を学ぶ入門科目、観光資源の基礎を学ぶ「自然観光資源と地球環境」、「文化観光資源と世界史」などの選択科目を配置することで、観光現象を狭義の旅行・宿泊のみならず、世界中の文化、歴史、社会、経済、経営、法律などの人文社会的側面、および地球の生態系のもとでの自然の諸現象との関わりにおいて理解する文理複眼的な幅広い視野の育成を図ります。
 初年次教育としては、1年次に大学での学修の基礎を学ぶ「ファーストイヤーセミナー」1と2、2年次に観光学調査の基礎を学ぶ「プレセミナー」1と2を必修科目とします。また、グローバル社会に対応し、「英語(観光学)」1と2、及び「第2外国語」1と2という必修科目を配置し、語学科目の積極的な履修を促すことで、国際的視野のもとで観光・ツーリズムを推進できる語学力の育成を図ります。
 観光学部観光学科では、基礎から専門へと段階的な学修をふまえ、主に2年次以上の学生を対象に専門性の高い科目を開講します。具体的には、文化観光資源の活用や観光行動を学ぶ「観光文化」、観光産業の経営を学ぶ「サービス・マネジメント」、レジャーの諸側面とその提供システムを学ぶ「レジャー・レクリエーション」、まちづくりや地域振興を学ぶ「地域デザイン」という4つの科目群(専門分野)に分かれて、多彩な科目を開講します。
 学生は、それぞれの科目群の授業科目を本人の希望に応じて自由に履修し専門性を磨くことができますが、単一の科目群だけではなく、複数の科目群にわたって総合的な学修を行うことが要請されます。
 専門教育課程の中には、4つの科目群(専門分野)に入らない展開科目も開講します。このうち「観光学研修」「観光学実習」「フィールドワーク」は、教室内の座学に加えて、実際の観光・ツーリズムの現場で学修をし、実践的に調査の技法を学び、経験に基づく知見を育成することを目的として、毎年国内外にわたって複数のテーマで実施します。また、「キャリア開発」のように企業や団体などでインターンシップを実践し、就職を含むキャリア形成へのプロセスを主体的かつ能動的に促す科目も配置します。
 以上をふまえ、観光学部観光学科では、専門教育課程の集大成として卒業論文の作成を課します。卒業論文制作のための学修は、5セメスター(3年次前半)から8セメスター(4年次後半)まで毎セメスター、4学期間にわたって「セミナー」1~4の4つの必修科目で行われ、最終的かつ総合的に学習の成果を評価します。
 このように観光学部観光学科では、観光学全般に及ぶ多様な科目を設置し、総合的な学修ができると共に、ディプロマ・ポリシーで述べた学士として相応しい力が形成されるように配慮します。

『学修成果の評価方法』

 本学部のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッション・ポリシー

 観光学部観光学科の教育研究上の目的及び養成する人材像を理解し、これらを達成するために自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

『求める学生像』

 観光学部観光学科で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることが期待でき、基礎学力が十分にある人材を求めます。

『入学者に求める知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』

(1)知識・技能
 英語については、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけていること。
 国語については、高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけていること。
 社会については、高校での社会(世界史、日本史、地理、政治・経済、倫理、現代社会)の科目の中から複数の教科を選択し、個々の項目の内容を理解していること。
 数学及び理科は、文系の学問を学ぶ上で必要な自然科学的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 文理融合の観点から、文系の知識・技能と理系の知識・技能とを総合して応用できること、およびそれらの発信ができることが期待できること。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 多様な価値観を理解し、友好な人間関係を築くことができること、物事に対して挑戦的に取り組むこと、および失敗や挫折を乗り越えて目標を実現しようとすることが期待できること。

観光学科へ戻る