学びのスケジュール

基礎教養から専門分野へと、着実に知識や体験を積めるスケジュール
外国語学習サポートや留学制度、多彩な科目履修制度も充実

1年次

基礎的な教養

「ファーストイヤーセミナー1・2」や「情報リテラシー」などの科目を通じて、大学で学習を進めていくための基礎を築きます。「自然観光資源と地球環境」などの科目では、観光を学ぶ前提となる考え方を身につけます。さらに「観光学概論」において観光事象に対する多角的視点を獲得した上で、4つの専門分野の入門科目を学習し、各自の関心に則した専門分野への準備をします。

2年次

研究テーマの準備

「プレセミナー(実習)1・2」ではフィールドワークを通じて観光事象に対する理解を深め、「英語(観光学)1・2」では語 学力の向上をはかります。また「観光経営管理総論」など観光分野に必要な基礎的知識を獲得し、4つの専門分野の基礎的科目として「観光人類学」「サービス産業論」「レジャー・レクリエーション論」「シティプロモーション論」を学び、専門性を高めていきます。

3年次

研究テーマの決定

1・2年次から継続して英語と第2外国語を学び、これからの観光産業に求められる実用的な語学力を身につけ、「セミナー1・2」では各自の専門性を追求しながら卒業論文の準備に入ります。また各分野の専門科目を縦断的、横断的に履修しながら各自の希望に応じた学習をしていきます。同時に、各実習科目や「キャリア開発」等の科目を履修し、実践的学習および卒業後の進路を見据えた学習を進めていきます。

4年次

卒業研究(学習の完成)

4年次には「セミナー3・4」を履修し、観光学科での学習の仕上げとして卒業論文を完成させます。卒業論文は4年間の学習の集大成となる大きな成果です。またインターンシップなどを通じて社会で活躍するための最終的な準備をし、指導教員とのコミュニケーションのもとに卒業後の進路を決定していきます。なお、最終年次を無駄なく過ごすために、必要に応じて各分野の専門基礎科目、展開科目を広く履修することが可能です。

観光学科へ戻る