観光学部の地域連携活動について

東海大学では、観光学部開設の準備段階から、神奈川県平塚市、秦野市、伊勢原市など湘南キャンパスに隣接する自治体等と連携し、地域の観光魅力の研究・開発に取り組んで来ました。2010年4月の学部開設後も、産官学連携活動を学生の実地教育にも取り入れて、さらに活発に地域連携の枠組みを広げています。

活動事例「丹沢湘南観光交流フォーラム

フォーラムの趣旨

東海大学周辺の丹沢湘南地域における観光交流や魅力ある地域づくりについて考えるため、各方面から有識者を招いて有用な話題やヒントを提供していただき、意見交換の場としています。

活動事例「丹沢湘南観光連携会議」

連携機関

東海大学観光学部/平塚市/平塚市観光協会/秦野市観光協会/伊勢原市観光協会/大磯町/二宮町/神奈川県湘南地域県政総合センター

目的

自治体の枠を超えた「広域観光ツアー」の開発など、地域観光資源の利用

組織誕生の経緯と活動

2008年に観光学部設置準備室が主催した「丹沢湘南観光交流フォーラム」を契機に、同準備室を中心に平塚、秦野、伊勢原の各市が地域間連携を開始し、産官学連携による新たな広域観光ツアーの開発と試行を始めました。2009年度からは大磯町が加わり、講演会やフォーラムを実施すると共に、さらなる広域ツアーの企画を進めています。学部開設後は二宮町も加わり、毎月1回の頻度で湘南キャンパスを会場に会議を開き、産官学連携による新たな広域観光ルートの商品化に取り組んでおり、JAグループの旅行代理店である(株)農協観光や神奈川中央交通グループの神奈中観光(株)などとも連携し、活動しています。なお、このほど本会議で立案したツアーが観光庁の「モニターツアーの造成によるニューツーリズムの推進に関する調査事業」に採択されました。

ロゴマーク

観光学部へ戻る