英文学専攻(博士課程<前期・後期>)

ディプロマ・ポリシー

 英文学専攻の教育研究上の目的は、新たな知の開拓とともに変革が急速に進みつつある現代社会において、時代に即した高度な知識と実践性を備えた人材、とくに言語学・英米文学については高度な専門知識を有する人材、英語教育学とコミュニケーション学ではスペシャリストとして実践的知識と豊かで幅広い学識を身につけた人材を養成することです。英文学専攻は、時代の要求に応じて、英語・英文学についての高度な専門性と教育やコミュニケーション分野での理論と実践的知識を涵養することを教育の立脚点とします。英文学専攻が目指すのは、英米文学・英語学・英語教育学・コミュニケーション学いずれかの分野で高い専門性を有するとともに、他国の文学や言語に対する深い理解に裏打ちされた豊かで幅広い教養を備え、教育など実践面でも活躍できる人材を育成することです。

カリキュラム・ポリシー

 英文学専攻(博士課程前期・後期)では、言語教育への視点を教育の柱として重視しながらも、英米文学、応用言語学、英語教育学、コミュニケーション学のそれぞれを配し、幅広く豊かな教養および高度な専門知識とそれを応用する能力を修得する教育カリキュラムを編成しています。また、本専攻ではとくに英語教育を柱にした社会との連携を重視し、英語教育の現場において高度な専門性と社会的実践力を育成する教育課程を構築しています。

アドミッション・ポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、文学研究科の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。