文明研究専攻

文学研究科[博士課程(前期・後期)/ 修士課程]

博士課程(前期・後期)

  • 湘南キャンパス湘南校舎

文明研究専攻では文明学の方法論・理論に関するテーマを基礎に、思想、文化、言語、芸術、宗教、民族、社会、歴史など、文明を構成する個別の分野におけるさまざまな問題を研究テーマとして取り上げます。これら多様なテーマで行われる講義は専門性の高い内容であるとともに、各々の分野における新しい課題や論点を常に取り入れつつ行われますが、その結果、文明専攻全体において研究領域を超えた自由な意見交換が可能となることを重視しています。こうした教育研究を通して、高度な専門的能力・知識を有する一方、広い視野を兼ね備えた優れた社会人として、現代社会の中でもてる能力を十二分に生かし得る人材の養成に取り組んでいます。

修了生の主な研究テーマ

  • 21世紀における文明の多様性に関する一考察
  • 古代における世界認識に関する研究の問題点 —古代マヤ文明の世界認識に関する研究を例として—
  • 南フランスの「フェリブリージュ」運動とフレデリック・ミストラル—19世紀におけるナショナリズムと地方文化復興運動について—
  • フィンランド語における事象構造の表出と接辞