コミュニケーション学専攻(博士課程<前期・後期>)

 コミュニケーション学専攻では専攻内にメディア学系、社会学系、臨床心理学系という3つの学問系列を有しておリ、それらを有機的に連関させて、コミュニケーションに関する専門職業人養成と研究者養成のための教育、研究の充実をはかっている。

ディプロマ・ポリシー

 コミュニケーション学専攻の教育研究上の目的は、メディア学系、社会学系、臨床心理学系の3つの学問系列の有機的連関をふまえ、コミュニケーションに関する専門職業人および研究者としての人材を養成することです。具体的には、メディア学系ではコミュニケーションを行う際の媒体の機能とその結果を把握しえる専門家、社会学系ではコミュニケーションを行う人間の集合である社会の諸問題を対象とする専門家、臨床心理学系ではコミュニケーションを行う個人の心の働きに注目する臨床心理学の専門家となるべき人材を養成することです。コミュニケーション学専攻は、メディア学系・社会学系・臨床心理学系の3つの学問系列を備え、相互の有機的連関によって、コミュニケーションに関する専門職業人・研究者を養成することを教育の立脚点とします。これらの3つの系列をもつ専攻として目指すのはメディア学系ではコミュニケーション媒体の機能や情報発信についての専門家、社会学系ではコミュニケーションを行う人間の集団である社会の諸問題についての専門家、臨床心理学系ではコミュニケーションを行う個人の心に注目する臨床心理学の専門家として活躍できる人材を育成することです。

カリキュラム・ポリシー

 コミュニケーション学専攻(博士課程前期・後期)では、メディア学系、社会学系、臨床心理学系の3つの学問系列の有機的連関をふまえ、コミュニケーションに関する専門職業人および研究者としての人材を養成する教育カリキュラムを編成しています。具体的には、高度な専門的研究に対応する知識の修得、時代の要請に応える問題の設定とそれに対応する応用能力の涵養をはかる教育課程を構築しています。研究者としては高度な専門知識の修得を目指すことはもちろんですが、とくに臨床心理学系では専門的職業人となり得る十分な時間の実践授業を設定し、臨床経験を積む教育を実践します。

アドミッション・ポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、文学研究科の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。