観光学専攻(修士課程)

ディプロマ・ポリシー

 観光学専攻の教育研究上の目的は、複合的な知と思考力に基づく問題発見解決力、グローバルな環境で活躍できる発信力・コミュニケーション力、学術的知見を産業界に生かすことができる発想力・応用力を身につけ、観光・地域振興に関する国や地方公共団体等の専門職、民間のシンクタンク等の研究職員、あるいは学問研究分野で基礎的研究者として活躍できる人材を養成することです。観光学専攻では、社会科学を基盤としつつ、人文科学や自然科学にも及ぶ複合的な知と思考力を形成するカリキュラムに基づき、問題発見解決力、グローバルな環境で活躍できる多言語による発信力・コミュニケーション力、学術的知見を多面的に生かすことができる発想力・応用力を修得させることによって、総合知としての観光学を学術的に展開できる人材を育成することを教育の立脚点とします。観光学専攻が目指すのは、観光・サービスに関わる研究と産業界におけるその応用を先導することができる、基礎的研究者と高度専門的職業人、それが、観光学専攻が育成しようとする人材です。

カリキュラム・ポリシー

 観光学専攻(博士課程前期)では、観光に関わる現象を人間や社会・文化全般と関連する総合的現象として捉え、その基礎の上に立って教育研究成果の実社会へ応用する能力を養成する教育カリキュラムを編成しています。具体的には、自然観光資源、文化観光資源、異文化間の関係、個々の地域社会の実情、国内外の経済状況、観光産業の経営、さらにはレジャーやレクリエーション活動など多岐におよぶ観点から、複合的な知識・理解を有機的に統合し、多面的な視野から考究することで、学問研究分野および実産業界などの社会実践分野で活躍できる人材の養成を目指した教育課程を構築しています。

アドミッション・ポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、文学研究科の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。