医用生体工学専攻

工学研究科[修士課程]

修士課程

  • 湘南キャンパス伊勢原校舎

医用生体工学は医学と工学の学際領域に生まれた新しい学問体系です。その内容は、工学全般で発達した理論、技術、機器、システムなどを医学に導入して生命科学の研究や医療の科学技術化を促進する「医用工学」と生命体の巧妙で卓越した構造や機能を工業機器やシステムに応用する「生体工学」とから構成されています。現在の医療は、工学面からの医療技術の高度化はもとより、医療資源の逼迫、少子高齢化社会、グローバル化、生命倫理など多くの難しい問題に直面しています。一方、これからの医療は予防、保健、福祉という個々人の主体的な健康維持をサポートする医療へとも拡大変化していきます。これらの問題の解決に医用生体工学の果たす役割は極めて大きいといえます。したがって本専攻では医用生体工学に関する基礎と応用研究を中心とした高度な学術研究を推進するとともに、高度な専門的能力を有する専門職業人や研究者の育成という役割を担っています。具体的に育成面では知識・技術に加え幅広い視野と総合的な判断力を備え、これからの医療社会を支えるための指導的な役割を果たせる人材の育成を目標にしています。