教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 農学部応用動物科学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、動物生産科学を中心にして、動物の生命科学および環境科学の幅広い学識を基に、動物生産、併せて健全な自然環境・社会環境の維持・発展に貢献できるような人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 農学部応用動物科学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 動物生産から畜産物加工利用までの一連の過程、最新の動物生命科学、人と動物との関係に関するそれぞれの科学的基礎知識を持ち、地域の生態系や文化を理解し、さらに専門分野における応用的知識を有している。

『汎用的技能』
 持続的かつ安全な動物生産、動物に関わる新たな技術開発、科学的根拠に基づく人と動物との適正な関係の創出など、動物に関する様々な間題に対する実践的な対処・解決の方策を導き出せる。

『態度・志向性』
 文理融合的な柔軟で幅広い視野で社会を理解し、自らの意見をもって、特に動物生産や動物バイオテクノロジーのみならず、自然環境の保全や人と動物の関係などの分野で責任ある社会貢献ができる。

カリキュラム・ポリシー

 農学部応用動物科学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 応用動物科学科では、農学部のカリキュラム・ポリシーで示したように、学部共通科目を通じて、学部や学科の教育課程や学術研究に対する理解、キャリア意識の形成、実験科学の基礎の修得、情報に関するリテラシーの養成、農学的視野の拡大と農学的基礎知識や技術を応用する力の養成を意図しています。
 本学科では「動物生命科学関連科目」により動物の体内で生じている現象やそのメカニズムについて学び、その知識を生命現象の解明に役立てていく力を培います。また、「動物飼育・生産科学関連科目」を通じて動物の改良や飼育方法を科学的に学ぶとともに、畜産物の適正な生産について創造する力を養成します。加えて、これらの知識と理解を基に「動物フィールド実習関連科目」を通じて、実際に動物を扱い、適正に飼育するための理論と技術を実践的に身につけます。さらに,生産された畜産物をより価値を高め、安全に加工するための理論と技術を「食品科学関連科目」を通じて修得していきます。
 一方、上記の科目群で学んだ内容を基礎に、「人と動物の関係学関連科目」を通じて、伴侶動物、野生動物、実験動物、動物園動物など、家畜以外の動物についての知識も深め、これらの動物と人との新しい関係を創造し実践する能力を養成します。
 これらの科目群と平行し、初年次から4年次までを通じて段階的に開講される「応用動物科学総合科目」を通じて、動物科学の社会的意義を理解した上で科目群間の相互的且つ体系的関連性を考究するとともに、自主的学習能力や問題解決能力を醸成し、社会に役立つ理論や技術を創造し実践する力を総合的に養成します。
 応用動物科学科の教育課程は、4年間を通じた繋がりのある学習経験が積めるよう段階的に体系化され、「自ら考え」、「周囲と協力して取り組み」、「新しいことにチャレンジし」、「1つのことを最初から最後まで成し遂げる」ことを意図したアクティブラーニングを可能限り活用し、批評的、論理的、創造的、省察的、実践的に思考し活動するための力を身につける教育を実施しています。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、農学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

応用動物科学科へ戻る