バイオサイエンス学科

農学部・農学研究科の教育・研究については「新キャンパス」「熊本キャンパス」及び「阿蘇実習フィールド」にて充実を図ります。

食品科学・生命科学の研究から人類の健康な生活を支える。

健康によい食品が注目されている現代。本学科では、発酵食品ハーブがもつ生理作用や機能性成分を解明し、機能性食品や医薬品に応用する技術を身につけます。また、最先端のバイオテクノロジーを学び、微生物の有効利用と管理技術、遺伝子タンパク質、酵素の構造・機能の解析技術や、食の安心・安全を基本とする食品加工技術を習得します。予防医学の観点から人類の健康に貢献します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

基礎科目だけでなく、実験科目を履修して実験の基礎知識や楽しさを学びます。卒業後の進路を見据えたキャリア教育に関する講座も始まります。

2年次

「バイオサイエンス基礎実験」で実験の基礎を学びます。「発酵化学」や「食品機能科学」などの専門科目で、食品をライフサイエンスの視点から考えます。

3年次

応用科目や「食品加工実習」に加えて、研究室に所属し専門性を深めます。工場見学では習得した理論や手法が企業でどのように応用されているか実体験します。

4年次

卒業研究はもっとも重要な科目の一つ。きめ細かい指導のもとで卒業研究を実践します。そして、その成果を論文にまとめ、学外の各種学会や卒業研究発表会で発表します。

将来のビジョン

食品製造関連企業や医薬品製造関連企業など幅広い分野で活躍することができます。また中学校と高等学校の「理科」の教員免許状が取得できるほか、更なる学びのために大学院進学の道も。

学科のキーワードと概要

食品に関する科学的な知識、生命科学に関する深い知識、医食同源による予防医学