情報科学科

多角度に情報をとらえ豊かな発想力を身につけることで即戦力として活躍する。

情報を科学と工学の観点からとらえて教育を行っています。認知科学、脳科学、生体情報や視覚情報処理など、情報科学にかかわる幅広い知識を修得し、技術革新への対応力を身につけることで、次世代情報技術の開発に貢献できる人材を育成します。また、実験や実習、演習などを通して豊かな発想力を養い、社会へ出てからも即戦力として活躍できる力を育みます。さまざまな角度から情報をとらえ、明日のIT分野を切り拓きましょう。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「情報科学入門ゼミナール」で、大学の授業の受け方、レポートや課題の作成方法といった大学生活の基礎を学びます。また、共通科目や各専門科目の基礎を中心に、体育科目や英語科目、文理共通科目も受講します。

2年次

コンピュータが動作するために必要なプログラムを作成する作業をプログラミングといいます。1年次に引き続き、実習を通じてプログラミングを学びます。また、そのほかの専門科目に関しても、より深い内容を学んでいきます。

3年次

4年次の卒業研究に向けて、各専門科目をさらに発展させていきます。自己発展科目として「情報数理工学」や「神経情報工学」などを学ぶことが可能です。

4年次

各研究室に所属し、卒業研究を行います。自己発展科目としては「科学と倫理」「メディアと社会論」「知的財産権法」を受講できます。

将来のビジョン

独自の就職事務室を設置し、採用のプロによるマンツーマン指導を行っています。
情報処理技術者の資格が取得できるので、情報システムやコンピュータ系企業へ多数就職しています。

学科のキーワードと概要

知識と実践力、豊かな発想力、社会で役立つ即戦力