教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 体育学部競技スポーツ学科の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、自己及び他の競技者の競技力向上に寄与しうる能力を高めるに留まらず、アスリート、コーチ、トレーナーを目指す活動を通して、社会に貢献できる人間の育成を目指します。また、自己の専門分野における理論と実践面におけるリーダーとしての資質向上を目指し、国内はもとより世界のスポーツ界をリードしていくことのできる、より高度な知識と実践力を有する人間を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 競技スポーツ学科では、本学の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 体育・スポーツ科学の基礎知識、アスリート、コーチ、トレーナーとしてのより高度な知識を有している。

『汎用的技能』
 “実戦”重視の教育から身につけた理論と実践方法をアスリート、コーチ、トレーナーの各分野で発揮することができる能力を有している。

『態度・志向性』
 アスリート、コーチ、トレーナーの使命を理解し、活動を通して社会に貢献しようとする意欲と能力を有している。

カリキュラム・ポリシー

 体育学部競技スポーツ学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 本学科では、「競技スポーツ」の意義を踏まえて、体育・スポーツ科学を理解し、アスリート、コーチ、トレーナーを目指す活動を通して、社会に貢献できる人間の育成を目指すとともに、各分野におけるスペシャリストの育成を目指します。
 教育課程においては、「“実戦”の重視」「トップアスリートの育成」「より良いコーチ・スポーツ指導者の育成」「高度なコンディショニングを実践できるトレーナーの育成」を基本的教育方針として、以下の5領域において連携的かつ体系的に科目を設定しています。
 体育・スポーツ科学の基礎知識、アスリート、コーチ、トレーナーとしてのより高度な知識を有することを目的として、「競技スポーツ基礎領域」では、体育・スポーツ科学及び基礎的身体運動や競技スポーツの基礎基本を学修する科目を開講します。
 「アスリート領域」ではアスリート論に基づき、各競技スポーツの理論及び実習科目を開講します。「コーチング領域」ではコーチング論に基づき、アスリートを支援するために必要な実技系科目と講義・実験・演習系科目をバランスよく配置します。「トレーナー領域」ではアスレティックトレーニング概論に基づき、アスリートを支えるトレーナーとして必要な理論・実習・演習科目を開講します。いずれの領域においても、 “実践”重視の教育から身につけた理論と実践方法を各分野で発揮することのできる能力を有する人間を育成します。
 「競技スポーツ研究領域」として、3年次より「競技スポーツ研究ゼミナール」を開講し、アスリート、コーチ、トレーナーの使命を理解し、活動を通して社会に貢献しようとする意欲と能力を身につけるとともに、各分野におけるスペシャリストの育成に努めます。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、体育学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

競技スポーツ学科へ戻る