教育研究上の目的・人材像

教育目標

人類がこれまで築いてきたスポーツ文化の中で、「競技スポーツ」はすでに確固たる地位を確立してきました。「競技スポーツ」を通じて、互いに切瑳琢磨する中で、様々な発見・発明等がなされ、それが人間の諸能力や科学全体の前進を促している側面があることは、大変重要なことです。

そこで本学科では、この「競技スポーツ」に焦点を絞り、自らがトップアスリートを目指す学生と、トップアスリートを支援する上で極めて重要な役割を担う、コーチ・トレーナーを目指す学生の教育を実践します。その実現に向け、アスリートコースとコーチ・トレーナーコースを設置し、各分野におけるスペシャリストの育成に主眼を置いています。

教育方針

“実戦”重視の教育

競技スポーツ学科の特徴は、「“実戦” の重視」です。体育・スポーツに関する知識も“実戦” を経験して本物になります。本学科では、“グラウンドが研究室” という原則に基づいて汗を流す活動を十分に実施しながら、さらに向上しようとする意欲を持って学んでほしいと考えています。

アスリートコースでは、スポーツ科学の成果に立脚し、自らの競技力を向上させるための理論と実践の方法論を追求し、コーチ・トレーナーコースでは、スポーツ科学の成果に立脚した指導はもちろんの事、「何を」「どのように」「どのタイミングで」指導すべきかを実践の場から学び、追求していきます。このような、“グラウンドが研究室” という原則に基づいた教育・研究活動が、“実戦” 力を育てるものと確信しています。

また、競技スポーツ学科では、ゼミナールをはじめとして少人数の指導を心がけており、学生の主体性が尊重されています。教員が教え込むのではなく、「こうであるはずだ!」という学生の発想と「こうなりたい!」という学生の意欲を大切にしながら授業を進めていきます。

総合大学の利点を生かした教育

さらに、総合大学の利点を最大限に生かし、他の分野との密接な連携の中で教育・研究活動を進めていきます。特に、医学部とスポーツ医科学研究所との協力関係は密であり、医学的なサポートはもとより栄養やメンタル、ならびにリハビリテーション、コンディショニングの調整にいたるまで、実践的教育・研究活動を連携して行い、本学科の学生指導の大きな力となっています。

競技スポーツ学科が養成しようとする人材

自己および他の競技者の競技力向上に寄与しうる能力を高めることだけに留まらず、自己の専門分野における理論と実践面におけるリーダーとしての資質の向上を目指し、国内はもとより世界のスポーツ界をリードしていくことのできる、より高度な知識と実践能力を有する人材の養成をねらいとしています。

競技スポーツ学科へ戻る