教育研究上の目的・人材像

武道は、日本古来の伝統的な武術を基礎とする身体文化であり、尚武の精神を尊ぶ先達の厳しい修練を通して伝承されてきた伝統文化である。心・技・体の調和ある発達を目指す武道は、これまでに人格形成を図る教育の実践に少なからざる役割を果たしている。また、今日では、世界各国に普及し、武道による国際交流が活発に展開されている。

本学科は、このような武道の特性を踏まえて、体育・スポーツ科学の視点から武道を科学的に研究すると共に、武道実践を通して武道の精神と技術を体得し、国際性に富んだ広い視野を培い、自己開発能力とリーダーシップのとれる個性的な人間の育成を図ることを教育目標とする。

この目標を達成するために以下の教育方針を設定する。

教育方針

1. 体育・スポーツ、武道を科学的に研究できる能力を養う教育。

武道の核心を学ぶためには、先達が実践した厳しい修練を体験することが不可欠といえる。同時に、現在では体育・スポーツ科学研究の方法を活用することが求められている。経験主義に依存しない科学的研究方法を学び、武道をめぐる諸問題を解決する能力を養う。

2. 武道の持つ伝統文化への理解を深めると共に豊かな人間性を養う教育。

武道を通して伝統文化への理解を深め、さらに体育学の知識をもって事理一致(心技体の一致)を実践することにより人格の向上を図り、豊かな人間性を養う。

3. 課外活動を重視し、旺盛なる競技力を養う教育。

武道を志す者は、豊かな人間性、武道に対する正しい認識、および実践者としての競技力が重要である。特に競技力養成には、自己修練を行う場を必要とするので課外活動を重視し、自己研鑽をするなかで旺盛なる競技力を培う。

4. 国際化に対応しうる柔道・剣道の指導者の教育。

武道の国際的普及は著しく、国際的な競技会、講習会、研修会などが頻繁に実施されている。これからの柔道・剣道の指導者は、国際的に活躍できる資質を持つことが必要である。従って、異文化への理解や語学力の向上を図り、国際化に対応しうる指導者を養成する。

武道学科が養成しようとする人材

武道学科では上記の、教育目標および教育指針に基づき、社会に役立つ人造りを目標としている。具体的には以下のような人間を養成することを目指している。

  1. 1.武道の特性を正く理解し、学校の教育現場で指導者として活躍する保健体育教師。
  2. 2.企業・地域社会において武道文化を伝承するリーダーシップのとれる人間。
  3. 3.国際大会で活躍する競技力を有し、武道の国際普及と発展に貢献できる人間。

武道学科へ戻る