生涯スポーツ学科

スポーツの楽しさと健康の重要性を伝えて、人々の健康で豊かな生活をサポート。

レクリエーショナルスポーツ・体力づくり・健康科学などの生涯スポーツ領域に関する知識・技能を、主に実践を通じて身につけます。また、生涯スポーツを行う「人」と、「人」を取り巻く「環境」との関係を深く理解し、優れたコミュニケーション能力を備えた「指導のスペシャリスト」を育成します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「生涯スポーツ論」「生涯スポーツ基礎演習」などの科目で基礎知識を習得するほか、コミュニケーション能力を高める科目も受講します。

2年次

「高齢者スポーツ演習」「健康教育論」「運動処方論」など、専門的な科目が増えていきます。また、「夏季野外活動理論演習」を通して、さらに人間関係能力を高めます。

3年次

「健康・体力づくり演習」「生涯スポーツインターンシップ」などの実践的な科目で専門的知識と技能を習得。研究ゼミナールもスタートし、学内外での調査や運動指導、実験などを通して実践力、応用力を高めます。

4年次

卒業研究と論文の執筆に取り組みます。ゼミナール活動を中心に、生涯スポーツ及び健康科学領域に関連した卒業研究を進め、問題発見や解決能力の向上を目指します。

将来のビジョン

保健体育教諭、衛生管理者、健康運動指導士などの資格取得が可能なため進路の幅も広く、学校やスポーツクラブ、福祉関連施設など多彩に活躍。

学科のキーワードと概要

人々に支援・援助できる指導力、優れたコミュニケーション能力、柔軟な感性と人格