教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 体育学部生涯スポーツ学科の研究教育上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、生涯にわたり健康で豊かな生活が送られる社会の実現に寄与するため、生涯スポーツに関する理論及び実践を科学的に探求することを通じて、人々の健康の維持増進と生活の質の向上を促す確かな知識と技術を修得し、優れたコミュニケーション能力を持ち、スポーツ・健康増進施設、教育機関、企業など、地域社会で幅広く活躍できる人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 体育学部生涯スポーツ学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 生涯スポーツとその周辺領域に関する基礎的な知識と技能を有し、人文・社会・自然科学的視座に立った幅広い知識と情報を活用しながら問題の発見と解決に必要な能力を有している。

『汎用的技能』
 生涯スポーツのみならず、人々の身体・心理・社会的な健康と生活の質(QOL)に関わる広汎な分野で活用可能な適応能力を有している。

『態度・志向性』
 生涯スポーツの指導者となることに意欲と関心を持ちながら、「人」と「環境」の関係を深く理解し、優れたコミュニケーション能力を発揮して生涯スポーツの発展と啓発に貢献することができる。

カリキュラム・ポリシー

 体育学部生涯スポーツ学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 生涯スポーツ学科では、子ども・成人・高齢者・障がい者スポーツ、および野外活動に関する基礎的、専門的、および応用的な課題を教育の中心に位置づけ、生涯スポーツとその周辺領域に関する幅広い知識と技能を、体系的かつ統合的に学べるよう、体験授業を重視した理論と実践が融合している教育課程を編成します。

基礎領域
 「生涯スポーツ基礎ゼミナール1・2」「生涯スポーツ論」「生涯スポーツ基礎演習」「情報処理」などの初年次教育に重点を置き、生涯スポーツ学科生として円滑に、かつ充実した4年間を過ごすために必要な基礎知識を修得します。

専門領域

「生涯スポーツ」「健康スポーツ」「保健・衛生」および「野外活動」の4つの領域からなる専門領域について、実践的な授業を通じて「人」と「環境」の関係を深く理解し、優れたコミュニケーション能力を発揮して生涯スポーツの発展と 啓蒙に貢献できる能力を養います。さらに、生涯スポーツのみならず、その周辺領域への知見を深めることで、人々の身体・心理・社会的な健康と生活の質(QOL)に関する広汎知識の修得を目指します。

応用領域
 生涯スポーツおよび健康科学に関する各種の研究方法を学ぶとともに、インターンシップにより生涯スポーツの臨床を経験します。また、多岐に亘る生涯スポーツの領域から自己の目標や興味関心に合った分野を選択し、学問的・科学的に探究し、論文にまとめることで、問題発見と解決に必要な能力を養います。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、体育学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

生涯スポーツ学科へ戻る