教育研究上の目的・人材像

生涯スポーツ学科は、人々が生涯にわたり健康で豊かな生活を送るために、また、体力の維持や向上のために、何をなすべきかを深く学ぶ学科です。幼児・成人・高齢者・障害者スポーツ、野外活動に重点を置き、これらの活動を通して地域の人々の身体的・心理的な健康の維持・増進を図り、さらに社会的な健康の回復を促すための専門的な知識・技能および高い指導方法を習得します。

生涯スポーツ学科の教育目標

東海大学建学の精神において、最初に挙げられている「若き日に汝の思想を培え」に象徴される「平和と愛」、「正義と理性」を十分理解した上で、人々の生涯スポーツのあり方について、科学的に取り組む事ができる教育を目指す。さらに、総合大学のメリットを最大限に生かし、生涯スポーツに関わる専門領域のみならず、それに関連する幅広い知識・技能を修得する意欲が持てる教育を目指す。

生涯スポーツ学科の教育方針

  1. 1.生涯スポーツに関する専門の知識と技能を十分に備える人材を養う教育。
  2. 2.スポーツと健康に関する豊かな思考力と創造性を持って、問題を発見し、解決できる能力を養う教育。
  3. 3.異なる分野にも適応できる柔軟な感性と優れたコミュニケーション能力を養う教育。
  4. 4.生涯スポーツ指導者として「人」と「環境」に優しいスポーツ活動の支援ができる能力を養う教育。
  5. 5.専門領域のみならず、周辺領域など幅広い知識と情報を活用する能力を養う教育。

生涯スポーツ学科が養成しようとする人材

  1. 1.スポーツ、レクリエーション、健康・体力づくりなどの生涯スポーツ領域に関する知識、技能を備えた「指導のスペシャリスト」と将来なりえる人材を育成する。
  2. 2.「人」と「環境」との関係を深く理解でき、優れたコミュニケーション能力を持つ人材を育成する。
  3. 3.生涯スポーツ領域のみならず、どのような社会組織にも適応できる柔軟な感性と人格を備えた人材を育成する。

生涯スポーツ学科へ戻る