社会的実践力を身につける授業

チャレンジセンター科目とは?

チャレンジセンター科目は、従来の大学の授業とは異なる学生自身に「気づき」を促す様々な演習を組み込んだ新しい授業です。授業はユニット型(講義と演習をひとつに組み合わせたもの)、プロジェクト型(授業の中で企画を立て、実行するまでを体験するもの)、トレーニング型(毎回の振り返りレポートを作成することにより、繰り返しトレーニングを積んでいくもの)を組み合わせた内容になっており、学生が楽しみながら無理なく勉強できるように構成されています。これらの授業を通して学生は、一般の科目やプロジェクト活動へのアプローチ方法を身につけると共に、キャンパスライフにおいて自身がぶつかる様々な問題の解決方法を身につけていきます。

集い力(入門)(演習A・B)

人間関係を構築して、集団で物事に取り組むためのコミュニケーション能力を高める授業

授業内容

共通の目標に向けて役割を分担し、限られた時間・エネルギー・資金などを使って目的を達成するには、自分の考えを周囲に伝え、相手の考えを的確に理解し、目標達成に向けた合意をつくる必要があります。この授業では、こうした技術を、グループディスカッションを通じて養います。

挑み力(入門)(演習A・B)

自らを取り巻く状況を理解して、問題を発見・解決する能力を高める授業

授業内容

目標が決まった場合、その目標を効果的・効率的に達成するためには、どのような準備をし、どのような計画を立てて、実行していけば良いのでしょうか?この授業では、ブレインストーミングなど、いろいろな発想法を体験しながら、問題を発見し、解決する力を養います。

成し遂げ力(入門)(演習A・B)

目標を達成するための計画を策定し、運用していくためのマネジメント能力を高める授業

授業内容

目標を達成するためのいろいろな作業を、複数の人からなるチームが実行していくためには、資金・時間・エネルギーを効率的に運用していく必要があります。この授業では、作業工程の管理や人を動かすために必要とされる、プロジェクトマネジメント、セルフマネジメントの能力を高めます。

プロジェクト入門A・B・C

授業で出会った仲間と共に、課題に取り組み、実践力を身につける授業

授業内容

授業で出会った仲間と共に、課題(ミニ・プロジェクト)を企画・運営する体験を通して、「コミュニケーション能力」「問題を発見・解決する能力」「マネジメント能力」を総合的・応用的に高めます。

プロジェクト実践A・B・C・D

プロジェクトを実践するために必要な知識・技術を身につける授業

授業内容

チャレンジセンターが支援する各プロジェクト活動を実施する上で必要かつ有益と考えられる専門的知識・技術を体系的に学び、より充実したプロジェクト活動を行えるようにすることを目標とします。

担当教員紹介

教授 岡田 工
准教授 堀本 麻由子
准教授 二ノ宮 リム さち
講師 青木 孝子
講師 田島 祥

チャレンジセンター科目へ戻る