競技スポーツ学科

“実戦” 重視のカリキュラムで、スポーツ界をリードする競技者・指導者になる。

“実戦”を重視し、競技で汗を流す活動を多く取り入れながら、スポーツ科学的視野を学び、アスリート・コーチ・トレーナーのスペシャリストを目指します。国内屈指のスポーツ施設が揃う教育環境に加えて、総合大学の利点を生かして医学部など他分野との連携のなかで教育・研究を進めていることも特長です。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

競技スポーツに不可欠な基礎知識を習得。競技者を目指す学生は「競技スポーツ理論及び実習」などの授業で実践力を磨きます。

2年次

基礎に続いて、「アスリート論」「コーチング論」「トレーニング論」など、それぞれが目指す目標に合わせて科目を選択します。

3年次

ゼミナールがスタート。戦術やトレーニング方法、スポーツに関する事象について学び、高度な知識と実践能力を身につけていきます。

4年次

ゼミナールでの研究内容を論文にまとめます。知識を総括する力だけではなく、その内容を分かりやすく発表するプレゼンテーション能力も鍛えられます。

将来のビジョン

日本を代表するトップアスリートや企業スポーツ選手など、第一線で活躍する卒業生を多数輩出。教員や公務員などの形でスポーツに携わる人も。

学科のキーワードと概要

アスリートとしての高い競技力、コーチとしてのより良い指導力、トレーナーとしての高いコンディショニング