「東海大学大学院芸術学研究科院生らによるJOINT CONCERT」を開催します

2018年02月16日

大学院芸術学研究科音響芸術専攻では、3月9日(金)に小田急線「東海大学前駅」南口のタウンニュースホールで「東海大学大学院芸術学研究科院生らによるJOINT CONCERT」を開催します。本専攻1年次生でピアノの大塚耕祐さんと、教養学部芸術学科音楽学課程4年次生でピアノの亀山鴻伸さんが、「ピアノソナタ大30番」(ベートーヴェン)、「ピアノソナタ第3番より」(ショパン)、「小組曲」(ドビュッシー)などを披露します。入場は無料で、事前のお申し込みは不要です。皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。


東海大学大学院芸術学研究科院生らによるJOINT CONCERT

【日時】
3月9日(金)午後5時開場/5時30分開演

【出演】
大塚耕祐さん(大学院芸術学研究科音響芸術専攻1年次生)
石川県出身。5歳からエレクトーン、ピアノを始める。小松明峰高等学校卒業。東海大学教養学部芸術学科音楽学課程卒業。同大学定期演奏会にて、オーディションで選考され、ピアノソロで出演。読売新人演奏会にて、ピアノソロで出演。東海大学大学院芸術学研究科音響芸術専攻に在学中。現在ピアノソロだけではなく、伴奏ピアニストとしても精力的に活動中。また、演奏活動の傍ら、同大学主催のピアノ教室や学部講義のTAをしている。これまでに、ピアノを山本みゆき、多賀ひとみ、平井千絵、余村聡二郎、山脇一宏、各氏に師事。

亀山鴻伸さん(教養学部芸術学科音楽学課程4年次生)
 神奈川県出身。3歳からピアノを始める。鎌倉学園中学校・高等学校卒業。東海大学教養学部芸術学科音楽学課程に在学中。在学中ながらすでに、読売新人演奏会にピアノ伴奏として出演。また、同大学定期演奏会にて、オーディションで選考され、ピアノソロで出演。2015、16、17年に、バッハ講習会日本実行委員会主催「バッハ再考講習会」を受講。その際、レイモンド・エリクソン、ユアン・シェン、各氏のピアノレッスンを受講。現在演奏活動する傍ら、同大学のピアノ教室のTAをしている。これまでに、ピアノを石川公子、余村聡二郎、各氏に師事。

【演目】
「ピアノソナタ大30番」(ベートーヴェン)
「ピアノソナタ第3番より」(ショパン)
「小組曲」(ドビュッシー)など

【場所】
タウンニュースホール(神奈川県秦野市南矢名一丁目5‐13 タウンニュースビル3F)
※詳細は以下リンクをご参照ください

【アクセス】
小田急線「東海大学前駅」南口より徒歩1分

【参加費】
無料

【お申し込み】
不要

【お問い合わせ】
東海大学芸術学科音楽学課程事務室
0463-58-1211(内線3440)

一覧へ戻る