音響芸術専攻(修士課程)

教育目標

本専攻では、音楽および関連領域における学問的研究と実践研究を併せ持ち、深い専門性を追求するとともに、芸術系単科大学では成しえない、総合大学の特色を生かし、広い視野に立って精深な学識を授けることによって、深い専門性をもちながらも、芸術活動を人間生活全体の大きな枠の中で捉えられるような研究者、教育者、ならびに演奏家を養成することを教育目標としている。

学生は最終的に[修士論文またはこれに代わる特定の課題についての研究成果]の審査と最終試験に合格しなければならないが、本専攻では「大学院芸術学研究科 研究指導および学位審査要項」に基づいて学生指導の方針を立て、学生には「大学院芸術学研究科 修了研究規定」によって、修士論文作成とその提出までに必要な研究蓄積の過程と方法を示している。

音響芸術専攻のカリキュラムポリシー

研究および修士論文作成にあたっては、各学生の研究テーマに対し、慎重な検討を経て指導教員が決定され、各指導教員の担当する「音楽研究」および「音楽研究演習」の中で指導が行われる。

また、この「音楽研究」「音楽研究演習」を支える形で、多くの専門科目(「特講科目」)が提供されているが、これらの専門科目は、「西洋音楽史特講」「日本音楽史特講」等の音楽学関連科目、「音楽療法理論特講」「劇場学特講」等の応用音楽学関連科目、「演奏表現法特講」「楽曲分析特講」等の演奏・創作研究関連科目の3つの分野に分類され、各々の研究テーマに応じて自由に履修できるようになっている。

さらに、これら通常の形態の授業に加えて、学生の視野を拡大するために「芸術学総合研究」が置かれている。この授業では、芸術学研究科音響芸術専攻と造型芸術専攻の両専攻の指導教員間で横断的に連携を図り、共通のテーマを設けて演習を行う。授業には、各自の研究テーマを越えて、音響芸術専攻と造型芸術専攻の全ての新入生に履修が義務付けられている。

本専攻では、専門性を高めるという意味で、少数の大学院生に対して徹底した個人指導を行っており、また、高度な能力を養うために、研究発表等の機会を通して大学院生の学習の訓練を行っている。

このような研究発表の場として、造型芸術と共に年2回の「研究発表会」を開催している。ここでは、全学生が各自の修士論文テーマについて、その時点までに達成できた成果を、全教員の前で口頭発表すると同時に、これらの機会を通じて、芸術学研究科全体の学生と教員が、密に情報交換を行い、指導の適切性について検討を重ねている。

演奏研究を専門とする学生に対しては、年に2回の学内演奏会が義務付けられており、修了のためには、ソロリサイタルの開催が条件とされている。

また、本専攻では、学会での研究発表、音楽コンクールへの参加、演奏会の出演等、研究の成果は可能なかぎり学外へ発表することを奨励しており、学外からの評価に耐える大学院生の養成を目指している。このように演奏研究を行う者に修了リサイタルを課していることや、在学中に学会で発表した例などは、本専攻の水準の一端を示すものと考えられる。

音響芸術専攻が養成しようとする人材

上述のように、本専攻では深い専門性をもちながらも、芸術活動を人間生活全体の大きな枠の中で捉えられるような研究者、教育者、ならびに演奏家を養成することを教育目標にしている。