数学科

4年間で獲得できる力や順序立てて学ぶカリキュラムなど計算し尽くされた学びが特徴的。

本学科では研究方法の違いなどから、代数学、幾何学、解析学などさまざまな分野がある数学という学問を順序立てて学べるようにカリキュラムを構成しています。また数学特有の定義と理論の理解を「論理的・抽象的思考力」で育て、「図形的・直感的発想力」を美しい数学に触れて養い、少人数の演習で「高度で正確な計算力」を培います。少人数クラスで行う演習などでは、学生の能力を引き出し、活発な討論で自主的に解決する力を自然と身につけます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

高校までに習った数学を現代数学の立場から見直し、かつ掘り下げて学習。専門の数学を学ぶ意義を理解するための科目が多数用意されています。

2年次

初等整数論、位相幾何学など、高校では学習しなかった新しい数学に出合えます。序論科目は現代数学の諸分野への入門となるので、楽しみながら学びましょう。

3年次

5つの専門分野(代数、幾何、解析、確率・統計、計算機)から、自分が研究したい分野に重点を置いて科目を履修していきます。

4年次

専門分野からひとつを選び、数名の学生と一緒に卒業研究に臨みます。教員の指導のもとで専門書を理解し、発表・質問することで理解を深めます。

将来のビジョン

現代数学の基礎力を養い、数学的思考力が身につきます。その能力を生かし、数学を専門とした教員や塾講師、情報通信業、金融業など、卒業生は広汎な職種で活躍しています。

学科のキーワードと概要

論理的・抽象的思考力、図形的・直感的発想力、高度で正確な計算力