デザイン文化学科

デザインの力を活用して、未来をつくる行動力を育てる。

メディアデザイン・空間デザインの2つの系統から、グラフィック、映像、プロダクト、建築・インテリアの4つの専門領域の学びを中心に、社会のさまざまな場面で活躍するために必要な「デザイン力」と「企画・提案力」を修得します。地域と連携したフィールドワーク型授業によって社会で役立つ「実践力」も身につけます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

デザインの初歩を学ぶ「デザイン入門ゼミナール」を受講。「イラストレーション入門」や「デザインドローイング」など基礎的スキルも身につけます。

2年次

「グラフィックデザイン論」「プロダクトデザイン論」「空間デザイン論」など、デザインの専門科目がスタート。映像やメディアデザインも学びます。

3年次

学びを更に深め、幅も広げ、スキルアップを目指します。「デザインインターンシップ」「フィールドワーク」などで、実践力を鍛えます。また、売れるブランドの極意を第一線のプロから学ぶ「ブランドデザイン」で、ブランディングの成り立ちを学びます。

4年次

1年間をかけて「卒業研究」に取り組み、学びの集大成を形にします。各自が設定したテーマに対して、調査・検証・考察を繰り返し、完成度の高いデザインを目指します。出来上がった作品は学内外で展示され、作品集にまとめられます。

将来のビジョン

デザイン事務所や企業の企画、広報、各種デザイン部門、行政機関などへ。デザインを用いて企画提案する幅広い分野で活躍を期待されています。

学科のキーワードと概要

デザイン力、企画・提案力、実践力