教育研究上の目的・人材像

教育方針と教育目標

英語文化コミュニケーション学科は実践的な英語運用能力、教養、専門知識を兼ね備えた人材を養成するために、英語コミュニケーションの「スキル・トレーニング」、「文化・教養」の基礎領域と「コミュニケーション」、「英語教育」、「言語」、「英米文学」の専門領域のコースを提供している。そして「実践的英語運用能力」の養成に貢献する基礎領域を縦糸にして、専門領域を横糸に織り成された教育を展開している。

  1. 1.英語文化コミュニケーション学科では「英語運用能力の養成」を次のように幅広く考えている。
  2. 2.国内・国外において「英語」でコミュニケーションを行う必要がある場合、「適切」で「効果的」にこれを行える「スキル」の養成。
  3. 3.「スキル」向上を助ける、コミュニケーション現象、言語習得や異文化等の「専門的知識」の養成。
  4. 4.日常的な話題についてだけでなく、その国の歴史や文学など知的な話題についても英語でコミュニケートできる「教養・文化」の涵養。

英語を教授できるバランスの取れた「英語力と知識」の養成

われわれは、卒業して社会に出た学生諸君が本学科の教育によって自信と誇りをもち、在学中に習得した知識と英語運用能力を武器にして、職場や社会の一員として活躍するために「実践的英語力」はもちろんのこと、「知性と教養」、「異文化理解」、そして「専門知識」を身につけてもらいたいと願っている。そのために、英語文化コミュニケーション学科では、「基礎領域」と「専門領域」に設置されている科目をうまく組み合わせて学ぶことで、大学院進学の土台となる「基礎的専門知識」、国際社会に対応できる異文化間コミュニケーションの「本質と手法」、英米の文化の精髄である文学や言語構造の理解を通じて普遍的な「人間の精神性」と「言葉のメカニズム」を十分に理解・習得できるように教育する。

基礎領域には「実践的英語運用能力」や「教養・文化理解」に貢献するように「スキル・トレーニング科目群」、「教養・文化科目群」をおき、専門的な知識を習得するために、専門領域として「コミュニケーション領域」、「英語教育領域」「言語領域」「英米文学領域」をおいている。これらの領域は全て「英語運用能力の養成」に向かうようにシステム化されている。また中学・高校の「英語教員の養成」にも力を入れている。

英語文化コミュニケーション学科が養成しようとする人材

英語文化コミュニケーション学科は、上記「教育方針と教育目標」の有機的な実践により、必要に応じて自己の主張を英語で表現できる「実践的英語運用能力」と英語各領域に関する「専門知識」を備えた社会人になるよう教育し、国内はもちろんのこと、国際社会にも貢献する人材を養成することを目標としている。

それぞれの領域の具体的な目標と内容は、以下のとおり。

Ⅰ.基礎領域

この領域には「スキル・トレーニング科目群」と「教養・文化科目群」がおかれている。前者の筆頭には初年次教育の要となる少人数制の必修科目「フレッシャーズ・セミナー」が設置され、学生同士や教員との交流を図りながら、4年間のカリキュラムを概観する。実践的な英語の運用能力を伸ばす「スキル・トレーニング科目群」は、初級レベルから上級レベルまで、学生の英語力を網羅する設定となっており、「読む、書く、聞く、話す」の英語の4技能を無理なく伸ばすことができる。基礎力に不安が残る学生に対しては基本文法の復習を中心とする授業がある一方で、高度な英語力を望む学生には英語によるディスカッションを中心とする授業もある。また、TOEIC、TOEFL 等での高得点や、英検などの資格試験合格を目指す授業も開設されている。特にTOEIC については、730点以上を獲得できる英語力を身につけることを目標としている。

「教養・文化科目群」では、専門領域の基礎となり、社会の構成員として必要な「知性と教養」が身につくようなコースが設定されている。英米文学や言語研究の基本的な輪郭や研究の方法の一端が「教養・文化科目群」を通じて学べるはずである。それはまさに英米の文化背景や歴史背景、そして人間の精神性の発展の歴史を学ぶことでもある。このような、コミュニケーションの「内容面」をも充実させた「英語運用能力」習得が、本学科の掲げる目標である。

Ⅱ.専門領域

1.「コミュニケーション領域」

この領域では、多様化しつつある国際社会で活躍できる人材養成のために、異文化を理解し、実践的な「英語運用能力」を身につけさせることを目標とする。わたしたちは様々な人々との関わり合いの中で生きている。他の人と一言も口をきかずに快適な環境を築くことなど不可能である。買い物をしたり、出会った人と話したりする日常的な場面の対話、ビジネスの交渉、国家間の紛争解決策模索のための会議等、何をするにしても他者との関係をもたなければならない。多様化しつつある社会で、異なる価値観や信条を持つ相手と良好な関係を作り、その関係を維持しつつ、自分自身の目標達成を最大限実現させるには、コミュニケーションの基本原理の理解と、異文化でのコミュニケーション能力の向上が重要な鍵であると考える。この領域では、コミュニケーションの基本的な原理とその実践を教授しつつ「英語運用能力」を高める。

2.「英語教育領域」

この領域では、主として以下の三つの要素を教育・育成することを目標とする。

  1. 1.英語教授法の基礎知識
  2. 2.教材分析をとおして教授法に即した教案を作成する技能
  3. 3.教師としての資質

英語教育学は外国語習得にかかわる理論と教室での実践の二つの側面をもっている。英語教育における指導目的、教師の役割、教育制度、教材、語彙習得などに関する理論を基に英語の教科書を使って授業をデザインし、それを実践に結びつける手順を自ら体験する。さらに本学科ではこれからの外国語教育に必要である多文化理解の教育を考慮した新しい科目を提供する。本学科の学生のなかには公・私立の中学・高校の教員として教育現場で活躍している先輩がいる。教員免許という国家資格の取得に挑戦することもひとつの目標となるであろう。この領域では、十分な「英語運用能力」と多文化への理解、そして英語教授法の知識と実践力を備えた英語教育の専門家を養成する。

3.「言語領域」

この領域では、英語という言語を科学的に解明することを目標にする。たとえば、赤ちゃんがどのように母国語としての英語を習得するかを研究して、日本人の英語学習法を考える。さらに英語の構造のルールを分析することで、複雑な英文を読みこなす力を養成する。言葉は文化の核心であり、言語の構造を理解することは重要な意味がある。日本語と英語の言語構造の違いを理解することは、日本人と英語母語話者との発想の違いを理解することにもつながる。言語の構造を理解せずして「英語運用能力の養成」はありえないと考える。この領域を通じて、専門的な知識を深めると共に「英語運用能力」を高めることを期待する。

4.「英米文学領域」

この領域では、英米文学に関する理解を深め、文学の本質と理論、普遍的な人間の精神性について幅広い知識を身につけることを目標としている。文学は文化の精髄である。それを単なる教養と考え、コミュニケーションとは無関係だと考える人もいるかもしれない。しかし文学を通じてその国の言葉の豊かさを知り、表現を学び、美しさやリズムを理解し、歴史と文化の背景を知ることは、そこに住む人々のものの考え方や心を学ぶことになる。また、英米の文学で使われる言葉は、いわば磨きぬかれた英語である。英語の語彙力、読解力、表現力をつけるためには、英米の文学作品は最高のテキストといえる。英米の文学を学ぶとは、まさにコミュニケーションに欠かせない教養と文化理解の基盤を習得することであり、「英語運用能力の養成」に大きく貢献するはずである。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

英語文化コミュニケーション学科へ戻る