教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 文学部歴史学科西洋史専攻の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、ヨーロッパとその関連地域から構成される西洋世界について歴史的視点から多角的に学ぶことによって、幅広い知識を習得するとともに、思考力や判断力を養い、異文化の特質を正しく理解し、教育や文化をはじめ、様々な分野で国際的にも活躍できる優れた人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 文学部歴史学科西洋史専攻では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 未来に向かって歴史をつくってきた世界史的事象に対する理解を基礎としつつ、現代社会もそのような歴史の過程にあることを念頭におき、西洋史上の様々な歴史事象を体系的に理解する能力。

『汎用的技能』
 外国語読解能力及び西洋世界における事象に関する史・資料の読解・分析と論理的な思考を、主体的な問題関心をもって鍛えかつ積み重ねることによって、自らの西洋に関する歴史像を構築し、その成果を適切な方法で表現する能力。

『態度・志向性』
 多様な価値観をもつ人々が共存する現代社会の一員であることを自覚しながら、異文化への理解と歴史的な観点に立って現代社会の課題を分析・把握し、よりよい社会の構築に積極的に取り組もうとする姿勢。

カリキュラム・ポリシー

 文学部歴史学科西洋史専攻が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』
 特色として以下の6点が挙げられます。
①西欧(イギリス・ドイツ・フランス)と地中海世界(ギリシア・ローマ、ビザンツ)を特色とする西洋史教育
②現代世界とその中での日本の役割を「歴史」の視点から学ぶ
③少人数教育によって、批判的思考力と自己表現力を養う
④外国語能力の向上を目指す
⑤国際人として活躍できる人材の養成
⑥学校教員や博物館学芸員の養成

①について、西欧や地中海世界の諸国家・地域を科目名とする講義とゼミナールを開講すると同時に、各種のテーマ史(政治・社会・民衆・文化)の授業を通じて、西洋史の多彩な諸相に迫ります。
②について、現代世界の位置づけをより良く理解するために、「西洋近代史」、「西洋現代史」の講義を置く一方、各国史の中でも近現代史の講義・ゼミナールを多く開講します。
③について、初年次の「西洋史研究入門」に始まる基礎ゼミナールや各国家史・テーマ史ゼミナールにおいて、少人数教育を徹底させ、課題と主体的に取り組むことによって批判的思考力を、発表や討論を通じて自己表現力・コミュニケーション能力を向上させることを目指します。
④について、西洋の社会と文化を深く理解し、歴史学習の基礎となる外国語の習得を重視します。英語の他にもドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語の授業を開講する一方、専門科目のゼミナール授業ではこれら第2外国語も含めた外国語文献をテキストとして取り上げます。
⑤について、異文化社会としてのヨーロッパやアメリカに直接触れ、その特質を理解することを目的として、「ヨーロッパ・アメリカ実地研修」を設置しています。また、ヨーロッパ・アメリカをはじめとする世界各地の大学で学ぶために、東海大学海外派遣留学制度の活用を強く推奨しています。
⑥について、西洋史専攻で学んだことを生かせる職業として、中学校社会・高等学校地理・歴史の教員や、博物館・美術館等の学芸員があるので、各種の関連講義を開講する他、資格取得を希望する学生を対象に学科独自のセミナーを開いて、教員や学芸員の養成を目指します。

『学修成果の評価方法』
 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、文学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

歴史学科 西洋史専攻へ戻る