医科学専攻(修士課程)

理念

医学、生命科学ならびにその境界領域における深い知識と健全な倫理観を有し、高い専門性と研究志向を持つ研究者、専門家としての職業人を養成することにある。基礎医学、臨床医学を基盤としてその研究成果を社会に還元するための良識を得ることも含まれる。

目的

  1. (1)現代の医学、生命科学に関する基礎的教養と生命倫理・科学研究倫理に関する健全な見解を身につける。
  2. (2)医学、生命科学の研究を行うにあたり、その立案と研究デザイン、必要な研究方法を組み立て、実践できる。
  3. (3)グローバルな語学力を兼ね備える。

分子生物学、免疫学、病理学、生物統計学など、現在の医学領域での進展を反映した基礎的素養を持つと共にそれらを反映した研究方法を身につけ、かつ医療倫理・科学倫理の見解、科学英語力、英会話力を兼ね備えた人材を組織的に養成する。

専門分野を医学研究の発展に活かせる、あるいはそれを実行できる学際的な人材、実社会で医学・医療関係の実務を行う人材を育成する。後者では、これまでの人材育成に加え、わが国での弱点といわれる各種の倫理委員会・研究審査委員会あるいは臨床研究のデザインと遂行の場で活躍できる人文社会系の背景をもつ学生を社会人も含めて積極的に発掘し、育成指導を行う。

沿革

医学研究科医科学専攻は医学研究科の中にあって医学修士の養成を目標としたプログラムであり日本国内では極めて数少ない専攻の一つである。医学研究科には医学部、歯学部、獣医学部、薬学部など6年制の学部を卒業した者を対象に4年制の博士課程が設置されているが、4年制の学部を卒業した者が博士課程に入学するために修士修了またはそれ同等の学歴が要求される。そこで本学では医科学専攻(修士課程)を設置することとなった。

教育方針

医科学修士課程の教育方針は以下の二つが含まれる。

  1. (1)医学分野以外の教育を受けた者のうち、医学分野での専門知識および技術を身につけ専門職につきたいと考える者のために基礎的な医学教育を行う。
  2. (2)大学院医学研究科博士課程への進学を前提としてその準備と専門知識の習得にあたる。

そのために人体構造機能学・病理学・感染症学・臨床医学など医学部教育と共通する教育科目や、分子細胞生物学・免疫学・医学情報学・社会医学・国際医療学・分子生体制御学および精神保健学など、専門職に必要な知識と実技を身に付けるための科目を多岐にわたって整備しており、学生は自由に自分の目的に合った科目を選択できる。

また、分子細胞生物学・免疫学・病理学・医学情報学など基礎に力点を置いた科目を履修することによって、修士課程修了時には医学研究科博士課程へ進学し医学研究者への道を進むことが可能となる。

【図】医科学修士課程分野

医科学修士課程が求めている人材

医科学修士課程には16年間の教育課程を終了した者であれば理系、文系、社会学系など、その専攻を問わず受験することができる。医師とは立場を異にしながら医学、生命科学分野の研究を行う者として、もしくは社会で医学に係る実務を担う専門家として活躍することを希望する者を求めている。

学位授与基準(修得すべき能力)

医学、生命科学ならびに必要とされる境界領域の深い知識があること

研究者、専門家、職業人として、研究成果を社会に還元するための良識と科学・生命・医療に関する倫理観を有すること

学位論文審査基準

行われた研究が、指導教員の指導のもと自身の力で遂行されたものであること

修士論文審査は修士論文の提出と修士課程修了論文発表会における研究成果発表よりなり、その評価は指導教員を除く大学院修士課程教員(M○合教員)よりなされる。

合格とする評価が全体の2/3以上の場合に修士の学位授与「可」とする。