化学科

充実したカリキュラムと最新の教育設備が育てる創造力、実践力、研究力。

近年、日本人のノーベル化学賞の受賞が相次ぎ、日本の研究は世界トップレベルの水準だと証明されました。本学科では、自分の興味がある研究はもちろん、社会的に関心が高い研究テーマにも取り組める最新の設備や環境を用意しています。また、多岐にわたる化学分野(物理、分析、無機、有機、生命、環境など)を段階的かつ効率的に学べるようにカリキュラムを構成しています。国家資格取得につながる科目も多数開講しています。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「基礎化学1・2」などを通して高校で学んだ化学をしっかり見つめ直し、大学の化学に結びつけていきます。また「化学実験」で、実験操作、ノートの作り方、レポートの書き方など、今後の専門分野の基盤となる力を身につけていきましょう。

2年次

専門化学を学び始めます。4つの専門分野「分析化学」「無機化学」「物理化学」「有機化学」の知識を講義と実験でしっかりと身につけましょう。

3年次

専門化学の知識をベースとし、応用化学の世界に足を踏み入れます。「情報化学」をはじめとする先端分野、「ニューセラミックス」といった新規物質の創製にかかわる分野など、内容は多岐にわたります。

4年次

大学生活の集大成「卒業研究1・2」に着手します。個別に設定された研究テーマに取り組むことで「自ら考え、自ら問題点を発見し、自ら問題を解決する」能力を身につけてください。

将来のビジョン

化学についての知識をもとに、食品や薬品関連の企業や研究機関へ。また、本学科では卒業または特定の科目を履修することで、教員や学芸員や毒物劇物取扱責任者の資格を取得することも可能です。

学科のキーワードと概要

多岐にわたるカリキュラム、国家資格取得、世界水準の研究に近づく