情報数理学科

数理的センスと情報(IT)の力を武器に高度情報化社会をリードする人材となる。

数学と情報が融合した最先端の理論を学ぶ本学科。代数や幾何、解析、確率・統計といった伝統的な数学と、コンピュータとともに発達してきた新しい数学、そして実践的なITスキルを学べるのが特長です。広い視野をもち、「数理的センス」と「コンピュータ・サイエンスの力」を備えた人材を育てます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

微積分など、高校時代に学習した数学をより深く掘り下げます。また情報系の科目や、コンピュータとともに発達した数学も学びます。

2年次

専門的な数理科学と情報科学の学習がスタートします。暗号理論への応用をもつ代数、CGの応用をもつ幾何など、各分野の基礎を学びます。

3年次

自分が関心をもつテーマ(代数、幾何、解析、確率・統計、数理論理、離散数学、情報)について、更に専門的に学んでいきます。3年次の後半からは、ゼミナール(卒業研究)が始まります。

4年次

3年次に続き、ゼミナールで卒業研究に取り組みます。各分野を専門とする教員の下で最先端の研究を進め、成果をレポートにまとめます。

将来のビジョン

技術系をはじめとする一般企業のほか、公務員や教員などへの道も。なお本学科では「数学」と「情報」の教員免許状を同時に取得できます。

学科のキーワードと概要

数理的センス、コンピュータ・サイエンスの力、変化への柔軟な対応力