教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 教養学部芸術学科音楽学課程の教育研究上の目的は、本学・本学部・本学科の教育目的に沿って、総合的視野に立った音楽教育の実施により、音楽学、音楽実技、音楽応用分野にかかわる音楽専門能力および総合的な判断力・行動力を持った視野の広い人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 教養学部芸術学科音楽学課程では、大学・学部の学位授与の方針に従い、所定の課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 人文、社会、自然科学に関わる広い視野からの、音楽分野に関する専門的知識や理解。

『汎用的技能』
 変化する現代社会の状況を理解し、修得した音楽分野の技能を柔軟に活かす能力。

『態度・志向性』
 問題発見・解決に向けて社会的役割を自覚し、音楽学、音楽実技、音楽応用分野にかかわる音楽専門能力を生かして行動しようとする姿勢。

カリキュラム・ポリシー

 教養学部芸術学科音楽学課程が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 音楽学課程では、教養学部が用意する学部共通科目と、芸術知識を身に付けるための学科共通科目を基礎として、他の音楽専門科目のカリキュラムを編成しています。理論あるいは学問と、実践あるいは実技とを両輪とし、かつそれらを相互に関連付け、学科目としてまず[理論系科目]の下に、[理論系基幹科目]と[音楽理論科目]を置き、[実技系科目]の下には、同様に[実技系基幹科目]と[音楽実技科目]を置いています。[理論系基幹科目]には、「ゼミナール」や「卒業研究」などの正に基幹的な科目が含まれ、[音楽理論科目]には、「西洋音楽史」、「日本音楽史」、「和声学」「音楽音響学」などの理論系専門科目が含まれます。同じく、[実技系基幹科目]には、「ピアノ」や「声楽」「専門実技」「卒業演奏」などの実技の柱としての科目が含まれ、他方の[実技系科目]には、「合唱」や「器楽合奏法」「コンピュータミュージック」などの、特徴ある実践的科目が含まれます。さらに2つの資格(音楽療法士と音楽科教員免許)に関わる特殊領域として、[音楽療法科目]と[音楽教育科目]を置いています。前者には、「音楽療法概論」、「障害学」「医学概論」などの理論系科目と「音楽療法セッション」をはじめとする実践的科目があります。[音楽教育科目]には、音楽教育にとって不可欠の「音楽科教育法」や「音楽科教材論」、「邦楽」、「リトミック」などがあります。
 これらは、個々の学生が目指す専門性や適性を考慮していると同時に、理論と実践との間での、バランスのとれた学修に配慮したものです。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPA による分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、教養学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

芸術学科 音楽学課程へ戻る