教育研究上の目的・人材像

芸術学科の教育方針および教育目標

芸術学科の特色

教養学部芸術学科は、人間の生活、営みにおける芸術のありかたに注目している。人間生活と芸術の関わりを追究するためには、人間にとって何が肝要かを洞察し、本質を見極める力が求められる。人びとの生活に関する広範な知識と広い視野の裏付けなくしては、芸術に関わる専門家として、社会で身を立てることは難しい。また芸術への探求を深めれば、自ずと人間とは何かと言う問いに立ち返らざるを得ない。

本学科が学際領域を扱う教養学部に設置されているのは、このような人間生活に関する総合的な視点から芸術を考察するためである。この点において、専門性によって細分化された他の芸術系単科大学や総合大学における一専門学部とは、明らかに一線を画する特徴を有している。

芸術学科の教育方針

芸術の専門性を追究しつつ、その裏付けとなる理論や社会の動向を考察し、それを深く理解する姿勢こそが、本来の芸術教育に必要な方向性だと確信している。また、細分化された専門領域の枠に学生をはめこまず、個々の自発性を尊重し、学生の適性を存分に伸ばすための開かれたシステムを構築することも、芸術教育に不可欠な要素だと考えている。

芸術学科では先に挙げた特色を明確なものとするため、芸術の基盤となる創作活動の教授はもちろんのこと、芸術諸分野の相互関連をはじめ、芸術の周辺や生活に関わる学問領域を学ぶことのできる自由度の高いカリキュラムを提供している。

私たちは学科開設以来、これを学科の教育方針とし、大学に求められる本来の芸術教育の実現のため、たゆまぬ努力を続けている。

芸術学科が養成しようとする人材

本来の意味での芸術教育を完遂するためには、専門性の深化も必要であることは言うまでもない。芸術学科には「音楽学課程」「美術学課程」「デザイン学課程」の3課程を設置しているが、それぞれが学科と呼ばれてもよいほどの教育内容を有し、各領域の専門家を世に送り出そうとしている。

ここで言う専門家とは、旧来の狭義の芸術家ではなく、広範な視野を持ち21世紀の社会からの負託に応えることのできる人材を指しており、演奏家、作曲家、美術家、デザイナーはもちろんのこと、アートマネージメント、音楽療法、美術療法、プランニング、プロデュースなどの芸術的専門性が活かされる専門職の養成を、私たちの教育の目標としている。

また、より高度な専門性を獲得したい学生のために、大学院芸術学研究科と一体となった教育プロセスを準備し、研究者を始めとする専門職の養成にも努めている。

デザイン学課程の教育方針と教育目標

デザインとは、科学的合理性と芸術的創造性をもって人間生活の場を形成するための技術体系といえよう。人間生活に見られる諸現象を観察、分析することで、人間の真の要求を抽出し、これを生活環境の形成と結びつける方法を関連諸分野の成果を取り入れながら研究し、その具体化を図る「総合的造形計画」がデザインである。

従来、生産効率や経済効率優先の視点に立った環境形成が支配的であったが、今日様々な環境が破綻して行く状況を見るにつけ、いま一度、人間生活にとって人間が作り出した“もの(Man-made object)”とは何か、という根本問題に立ち返って考える必要があろう。

デザイン学課程では、人間と“もの” との関係についての基本的な考え方、生活環境に見られる人間と“もの” との間の諸現象の把握方法、環境形成に関する方法、組織、技術の問題、さらに“もの”に対する評価方法などの学的体系を学び、デザイン(設計・制作)のための各種の表現技術、造形手法などとあわせて総合的に学習し、社会の広範な分野で役立つ人材を養成することを目標としている。

デザイン学課程では、各人の特性と興味に応じたフィールドとして5種類のコースを設定している。ここで学ぶことにより、デザインの概念、方法、技術を身に付け、それぞれの分野で将来の環境形成の担い手として活躍してもらうことを期待している。

この目標を達成するため、デザイン学課程では以下のような方針を設定する。

1.人間の生活に関わる諸分野との連携

主専攻科目の充実、および他学部他学科が開講する科目との積極的な連携を図ることにより、学際的な視野を持つ学生を養成する。

2.デザインの総合性に対応した学科目の配置

デザインの各分野に共通する基礎から、個別の専門性に則した応用まで、幅広い科目内容を講義と実習・演習の両面で提供する。また、このことによってデザインが「総合的造形計画」であることを修得させる。

3.デザインの各専門分野に対応したコースの設置

「グラフィックデザインコース」「プロダクトデザインコース」「インテリアデザインコース」「アーティスティックデザインコース」「エンターテインメントデザインコース」を設置し、各分野に対応したデザインのスペシャリスト(実務家ならびに研究者)を養成する。

4.必修科目、コース共通科目、コース推奨科目のバランス良い配置

デザインの全ての分野に共通する専門科目の基礎と、学際的性格を有する科目の基礎とを低セメスターの必修科目として配置。また、中・高位のセメスターにあっては、全てを選択科目として設定したコース共通科目、コース推奨科目を置くことで、将来の専門分野選択の助けとする。

5.大学院芸術学研究科との教育研究上の連携

より高度な専門家としての能力を身に付けたい学生のために、芸術学研究科造型芸術専攻デザイン分野で開講される科目との連続性を確保する。また、条件を満たした学生には、大学院で開講される科目の先行履修も認める。

デザイン学課程が育成しようとする人材

今日、デザインが関わる範囲は、日常生活から宇宙開発にいたるまで多岐にわたり、我々が触れ、目や耳にする“もの、情報”の大半が、何らかのデザイン処理を経たものと考えられる。このことはつまり、デザインの実務に携わる者に求められる能力および知識・情報が広範に及ぶことを意味している。デザイン学課程では、様々な切り口からデザインの専門分野を掘り下げながらも、固定された興味や狭い技術領域にとどまることなく、広い見識と応用力を持って活躍する“デザインの専門家” を養成することを教育目標としている。

芸術学科 デザイン学課程へ戻る