教育研究上の目的・人材像

芸術学科の教育方針および教育目標

芸術学科の特色

教養学部芸術学科は、人間の生活、営みにおける芸術のありかたに注目している。人間生活と芸術の関わりを追究するためには、人間にとって何が肝要かを洞察し、本質を見極める力が求められる。人びとの生活に関する広範な知識と広い視野の裏付けなくしては、芸術に関わる専門家として、社会で身を立てることは難しい。また芸術への探求を深めれば、自ずと人間とは何かと言う問いに立ち返らざるを得ない。

本学科が学際領域を扱う教養学部に設置されているのは、このような人間生活に関する総合的な視点から芸術を考察するためである。この点において、専門性によって細分化された他の芸術系単科大学や総合大学における一専門学部とは、明らかに一線を画する特徴を有している。

芸術学科の教育方針

芸術の専門性を追究しつつ、その裏付けとなる理論や社会の動向を考察し、それを深く理解する姿勢こそが、本来の芸術教育に必要な方向性だと確信している。また、細分化された専門領域の枠に学生をはめこまず、個々の自発性を尊重し、学生の適性を存分に伸ばすための開かれたシステムを構築することも、芸術教育に不可欠な要素だと考えている。

芸術学科では先に挙げた特色を明確なものとするため、芸術の基盤となる創作活動の教授はもちろんのこと、芸術諸分野の相互関連をはじめ、芸術の周辺や生活に関わる学問領域を学ぶことのできる自由度の高いカリキュラムを提供している。

私たちは学科開設以来、これを学科の教育方針とし、大学に求められる本来の芸術教育の実現のため、たゆまぬ努力を続けている。

芸術学科が養成しようとする人材

本来の意味での芸術教育を完遂するためには、専門性の深化も必要であることは言うまでもない。芸術学科には「音楽学課程」「美術学課程」「デザイン学課程」の3課程を設置しているが、それぞれが学科と呼ばれてもよいほどの教育内容を有し、各領域の専門家を世に送り出そうとしている。

ここで言う専門家とは、旧来の狭義の芸術家ではなく、広範な視野を持ち21世紀の社会からの負託に応えることのできる人材を指しており、演奏家、作曲家、美術家、デザイナーはもちろんのこと、アートマネージメント、音楽療法、プランニング、プロデュースなどの芸術的専門性が活かされる専門職の養成を、私たちの教育の目標としている。

また、より高度な専門性を獲得したい学生のために、大学院芸術学研究科と一体となった教育プロセスを準備し、研究者を始めとする専門職の養成にも努めている。

美術学課程の教育方針と教育目標

美術作品を制作し、あるいは鑑賞することは、大きな魅力を伴ったことであり、多くの人たちの心を惹きつけてきた。そして美術を学ぶということは、自分で作品を作る方法を身につけることや、歴史的な作品についての知識を持つことだけではない。美術が社会生活の中にどのように位置づけられているかを考えることでもある。社会全般に渡る様々な価値観の中で、美的なものがどのような意味を持つのかを理解することである。

すでに新しい世紀が始まり、新しい時代の美術が次々に生まれている。現代社会は価値の多様化と情報化の波の中で、短期間に激しい変化を起こしている。その中で、美術はどのような役割を担えるのかが問われている。また、美術の歴史に関しても、多くの研究が新しい光をあて、社会的観点を含めながら、歴史上の作品の意味を様々に解き明かしている。

最近は美術館をはじめとする公共施設が続々と建てられ、美術にふれる機会がいろいろな形で増えている。

美術鑑賞が身近になり、社会的な場だけでなく日常生活の場でも美術が定着してきている。

美術学課程では、当課程に学ぶ学生が、将来このような社会で多方面にわたって創造性を発揮して活躍する事ができるよう、基礎的なところから始め、自立するための専門的な知識を修得することまでを目標にしている。

美術学課程は、音楽学とデザイン学の二課程と共に芸術学科を形成し、さらに人間環境学科と国際学科の二学科との交流を持ちながら教養学部を形成している。そのうえ多数の学部からなる総合キャンパスの中にあって、様々な内容の教育がすぐ隣で行われているという環境にある。これはバランスのとれた人格を形成し、美術についての理解を深めることにおいて、狭い考えに陥らず広い視野に立つことが可能な、開かれた場にあることだと言える。

美術学課程では「絵画・立体制作」コース・「メソッド&マテリアル」コース・「スペースクリエイション・舞台芸術」コース・「アートヒストリー」コース・「教員・指導者」コース・「アートプロデュース・学芸員」コースの6種類の履修モデルを設けている。その教育の核となるものは、絵画と彫刻の制作・実技に関する科目と、西洋美術と東洋美術についての美術史科目である。

基礎の段階では制作実技と美術史の両方を学ぶことを中心にして、関連する科目を開講する。第5セメスターからはゼミナール制をとり、各人が専門を選択し、その専門分野における個人指導をする。個々の授業は少人数教育を方針として、個人指導の徹底を図る。

実習授業はもとより、美術史科目でも基本を学ぶのであって、実際的な事柄に即応するものではない。しかし、卒業研究を最終段階で課し、それまで学んできたことを基本にして、自主的に創作や研究を一定の規模と内容で行うことで、広い視野を持つことと専門分野についての能力を持つことをうながす。

美術学課程が養成しようとする人材

美術学課程では、絵画・彫刻などの制作・実技系科目と美術史・解剖学・芸術学などの理論系科目による教育を行っている。作品の制作においても、美術史の研究においても、共通して要求されるのは基礎的な知識や技術と合わせて、美的感性であり、当課程はこれらの育成を目標としている。美的感性とは言うなれば、バランスについての的確な判断力と、全てを一律に見るのではなく、個々の差違に注目して、それぞれを評価し的確に対応する、いわばヒューマニスティックな観察力との綜合である。言葉を変えれば、ある法則や規則を機械的に全てに当てはめるのではなく、個々の事情を理解し、的確な融通性を持ってこれを運用する感覚であり、その際にバランスに対する的確な判断力が重要となる。美的感性とは、言い換えれば情操と同義語と言ってよく、これは卒業後、仮に美術と関連の薄い職業に就いたとしても、仕事の遂行の上で、また健全な人間生活を送る上で、きわめて重要な感覚であると考える。美術学課程は、上記の教育を通して、美術に関わる専門家は言うまでもなく、一般の社会人としても優れた美的感性を持った人材を養成することを教育目標としている。

芸術学科 美術学課程へ戻る