教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 教養学部芸術学科美術学課程の教育研究上の目的は、本学・本学部・本学科の教育目的に沿って、実践的な美術教育の実施により、多様化する現代社会で求められる美的感性とそれを踏まえた上での創造力・応用力・行動力を持った視野の広い人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 教養学部芸術学科美術学課程では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 人文、社会、自然科学に関わる広い視野からの、美術分野に関する知識と理解。

『汎用的技能』
 変化する現代社会の状況を理解し、修得した美術分野の技能を柔軟に生かす能力。

『態度・志向性』
 問題発見・解決に向けて自らの社会的役割を自覚し、美的感性とそれを踏まえた上での創造力や応用力を生かして行動しようとする姿勢。

カリキュラム・ポリシー

 教養学部芸術学科美術学課程が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 美術学課程の教育方針として、制作と研究の両面から考えることを基本に科目を構成し、人文、社会、自然科学に関わる広い視野からの、美術分野に関する知識の修得や理解を目的としています。1年次には、「基礎デッサン」や「美術史基礎」など美術の基本に触れることを目的とした科目を全員が学びます。また、専門科目として制作系では、「グラン・デッサン」や「古典絵画技法」、「木彫」など、理論系では「東洋・西洋美術史概説」、「解剖学」、「芸術哲学」など制作と理論の基礎的なことから専門的な内容へ、段階的に美術が学べるよう科目が構成されています。
 また、美術学課程の多彩な制作と研究を通して、将来の展望をも見据えた履修モデルを設けています。[絵画制作] [立体制作] [美術史] [素材・技法] [学芸員・教員・アートプロデュース]など、変化する現代社会の状況を理解し、修得した美術分野の技能を柔軟に生かす能力を持った人材を育成することを目指します。
 基礎と専門の学習を土台に3年次より各々が選択した「ゼミナール」で、学生が個々の研究課題について、ディスカッションなどを通し専門性をさらに深く追及していきます。4年次には4年間の学習成果の集大成として「卒業研究」を設置し、[作品]あるいは[論文]として形あるものにします。
 これらのカリキュラムの構成は、問題発見・解決に向けて自らの社会的役割を自覚し、美的感性とそれを踏まえた上での創造力や応用力を生かして行動しようとする姿勢を養成できるよう編成が成されています。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPA による分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、教養学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

芸術学科 美術学課程へ戻る