学びの分野

学ぶこと

人間環境学科社会環境課程は、その名のとおり、人間を取り巻く環境、具体的には、「環境」「福祉」「ビジネス」について学ぶところです。
私たちの生活を振り返ってみましょう。ヒトは、生活水準の向上を求めて便利なものやサービスを生み出してきました。ビジネスの拡大は経済の成長を促し、ヒトは豊かで便利な生活を手に入れました。しかし、生活の質の面では解決しなければならない問題が山積しています。ごみや地球温暖化などの環境問題、少子・高齢化に伴う福祉問題、経済の低成長や企業の倒産などのビジネス問題、私たちの周りを見てみると、簡単には解決しない問題がたくさんあるのです。そして、環境問題、福祉問題、ビジネス問題は、実は複雑に絡み合っているのです。
社会環境課程では、これら3つの問題がどのように関係しているのかを探りながら、解決のための糸口を見つけていきます。
社会環境課程は、ヒトがヒトらしく生きるためのヒントを探す学び舎なのです。

アドミッションポリシー

人間環境学科社会環境課程では、本学科・課程の教育目標「社会・経済の諸問題を多面的に分析し、『環境』『福祉』『ビジネス』の専門知識を有機的に統合して総合的に理解する能力、柔軟かつ新たな発想に基づく問題解決能力と提案力を発揮できる人材を育成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

人間環境学科 社会環境課程へ戻る