学びの分野

英語文化コミュニケーション学科では英語という言語、英語圏の文化、コミュニケーションを多角的に学び、探求します。

豊かな教養と専門知識をもつ英語のプロを目指します。

世界中で話されている「英語」を理解することは、国際社会でさまざまな文化を知る上で必要不可欠だといえるでしょう。本学科では、「コミュニケーション」「英語教育」「英語学」「英米文学」という4つの専門を柱にしたカリキュラムを編成し、知識と教養を身につけた上で、自らの考えや意思を適切に表現できる英語のプロフェッショナルを育成していきます。それぞれの専門分野では入門科目を開設。まず基本的なことを学びながら関心を探り、上級生になった時には自分に合った専門科目を選択して深く研究することができます。

最初から少人数制授業が受けられます。

入学後の第1セメスターから、必修授業として少人数制の「フレッシャーズ・セミナー」が各研究室で開講され、4年間のカリキュラムを概観するとともに、学生同士や教員とのコミュニケーションを図ります。さらに、3年次の「演習」や4年次の「卒業論文」も研究室での少人数制授業となります。

「使える」英語力を習得します。

実践的な英語力が身につくよう、コミュニケーション関連の科目を重視しています。演習形式で授業を進めながら、国際社会で自分の考えを積極的に表現できる人材を育成。英語力だけでなく表現力も養います。学生による英語ディベート活動も活発で、国際大会にも出場しています。

英語の教員免許状も取得できます。

効果的に英語を教える技術を学ぶ科目や、日本の英語教育の改善点を考える科目もあります。決められた科目の単位を修得すれば、英語の教員免許状を取得することも可能です。教育実習の準備段階として模擬授業も行います。

海外での語学研修に参加できます。

本場の英語とコミュニケーションに触れるため、定期的に海外語学研修を実施しています。イギリスで寮生活を送りながら授業を受け、英語によるコミュニケーションに対する自信を育みます。現地での課外活動も充実しています。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

英語文化コミュニケーション学科へ戻る