学びの分野

多彩な制作活動と研究を通して、豊かな造形の表現力と美術について考える力を育むために、絵画制作立体制作美術史素材・技法学芸員・教員・アートプロデュースなどの履修モデルを設けています。

美術を学ぶには、制作と研究の両面から考えることが大切です。1年次には基礎となる「基礎デッサン」や「美術史基礎」などの科目を必修として全員が学びます。また、専門科目として制作系では「グラン・デッサン」や、「古典絵画技法」、「木彫」など、理論系では「東洋・西洋美術史概説」、「解剖学」、「芸術哲学」など各分野で活躍する研究者、画家、彫刻家による多彩な科目を設けています。こうした基礎と専門の学習を土台に全員が、制作を通しての作品、もしくは自分の取り上げた問題についての論旨の通った論文で卒業研究を行い、4年間の学習の成果をかたちあるものとします。

アドミッションポリシー

美術学課程では、本課程の教育目標「美術の専門性を追求するとともに、広い視野に立っての美術の創作活動及び研究が展開できる様な人材の育成」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

芸術学科 美術学課程へ戻る