歴史学科 考古学専攻

人類の歩みを世界的視野で探求し、複雑に変化し続ける社会に対応できる力を養う。

考古学とは、人間が残したさまざまな痕跡を研究して、人類の歴史を解明する学問です。本専攻では、日本と外国の考古学を学べます。遺跡の発掘実習などのフィールドワークを重視し、測量や発掘調査の技術を習得します。関連学問を幅広く学ぶことで、データを分析・評価する力も確実に身につきます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「考古学研究入門」で考古学の基礎や学び方を理解。「日本考古学概説」「外国考古学概説」で国内外の考古学の知識を深めていきます。

2年次

「資料分析法実習」で、考古遺物の観察と分析方法を身につけます。「フィールドワーク実習1・2」では、遺跡に出向いて発掘・測量調査を体験。

3年次

「考古学研究法」で考古学の研究方法を学びます。「考古学特別演習」では学外の講師の指導も。後半からは卒業論文の準備も始めます。

4年次

卒業論文を作成。「卒業論文基礎1・2」でノウハウを身につけた後、中間報告を行いながら調査・作成を進め、ゼミナール形式の「卒業論文」で完成させます。

将来のビジョン

金融業、旅行関連などの一般企業・公官庁や、専門性を生かし埋蔵文化財センター、埋蔵文化財関連事業団体、大学院進学の道も。

学科のキーワードと概要

広い視野と論理的思考力、グループ作業による協調性、問題発見・解決能力

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます