歴史学科 西洋史専攻

ゼミナールも充実。広く深く西洋史を学び、歴史的な認識を深める。

西ヨーロッパと地中海世界を重点に学びます。各国の地域史、政治史、民衆史、文化史など特色あるテーマを取り上げた選択科目も多数用意。特定の国や地域を学ぶゼミナールも充実。第二外国語(英語以外の外国語)の習得にも力を入れ、海外派遣留学プログラムを利用して外国で学ぶことも可能です。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

西洋史を学ぶための基礎知識などを学習。「西洋史外国語入門1・2」でドイツ語、フランス語など第二外国語を学ぶことも可能です。

2年次

「西洋史基礎講読」「西洋史文献研究」で、英語文献を読み解く力を養成。「西洋史フランス語応用1・2」などで、より高レベルの第二外国語も学べます。

3年次

本格的な西洋史研究に入ります。複数のゼミナールを選択し、関心のある分野について知識を深めます。「卒業論文基礎1」もスタートします。

4年次

「卒業論文基礎2」を履修して、より掘り下げた研究を進め、「卒業論文」で研究成果を発表。就職活動や進学、海外留学など将来を見据えた活動も。

将来のビジョン

空港旅客サービス会社や鉄道会社、ホテル、不動産関連、学校教育機関ほか、新聞社や出版社など活躍の場は多種多様です。

学科のキーワードと概要

真実を見極める歴史認識、西洋文化の知識、外国語能力の向上

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます