海洋生物科学科

生態系と環境を“知り”、資源として“活かす”。海と海洋生物のエキスパートを目指す。

「環境・生態科学系」では、生態系やそれを取り巻く環境を学ぶことで“ 海を知り”ます。また「水産科学系」では、水生生物のからだの構造や仕組み、繁殖方法など“海を活かす”方法を修得します。これら一連の学びの過程で、フィールド調査や実験の手法も身につけられます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

1年次より多くの野外観察、実習を行い、専門分野への関心を育てます。「望星丸」に乗船して、海洋調査も体験します。

2年次

「環境・生態科学系」と「水産科学系」の2大テーマを、さまざまな科目群を通して学んでいきます。

3年次

「海洋学」「水産学」「海洋生物学」などを柱として、実践的な解析方法を学びます。秋からは研究室に所属して専門分野の研究を進めます。

4年次

4年間の総まとめとなる「卒業研究」や「インターンシップ」で、学んだ内容を社会で生かすための実践力、総合力を身につけます。

将来のビジョン

水産・食品関連、薬品関連、漁業、水族館など、海の生物にかかわる分野で活躍できます。また環境調査の分野や、研究職へ進む道も開けています。

学科のキーワードと概要

海の知識と海を活かす力、フィールド調査のノウハウ、実験の手法