心理・社会学科

人の心理や社会の仕組みを学び、実社会に役立つスキルを磨く。

心理学(人の心)と社会学(社会のあり方)をバランスよく学び、現代社会とそこで生きる人間の問題を分析・考察する力を養います。カウンセリングやディスカッション、インタビュー調査やフィールドワークなどを実習するカリキュラムで、実社会に役立つスキルを習得します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「心理学概論」「社会学概論」を学び始めます。 また、新入生向けの「基礎ゼミナール1・2」で今後の履修計画を立てていきます。

2年次

専門知識を深めます。 心理学系では「人間関係の心理」「臨床心理学概論」「家族関係論」など、社会学系では「現代文化論」「コミュニティと社会支援」などが開講します。

3年次

「ゼミナール1・2」で“研究する”ということを学習。「心理演習1・2」「質問紙調査演習」など演習形式の科目を履修し、実践力をつけます。

4年次

卒業研究に向け「ゼミナール3」で準備を整え、卒業論文を作成します。テーマに即した研究方法を検討し、予定を立てながら進めます。

将来のビジョン

学校・病院・企業カウンセラーのほか、企業で教育・研究、広告・宣伝、商品やサービス販売などの仕事に就く卒業生もいます。

学科のキーワードと概要

様々な人が集って社会ができる。だからその「違い」を知ることが大切。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます