海洋学部

海洋学部ニュース

海洋学部ニュース一覧へ

海洋学部紹介

海から「自然の大切さ」を学び社会を牽引する力に変える。
本学所有の海洋調査研修船「望星丸」での海洋実習をはじめ、学びのフィールドは常に「海」。学生たちは必然的に、海から「自然の大切さ、命の尊さ」も考えるようになります。そこから生まれる倫理観、責任感は、社会を牽引していく人間性に結びつく。海洋学部はそう考えます。
文系・理系両方の素養を身につけ専門分野へ進めるカリキュラム。
海洋学は、文系・理系の要素が複雑に絡み合っている領域です。そのため、学部共通科目は文理融合型のカリキュラムで編成。両分野の基礎的な知識・技術を身につけた上で、将来を見据えた学科専門分野の科目へ進めるようになっています。
自分のスタイルで選び育む専門知識。付加価値が身につく学びの分野。
教職・学芸員課程に加え、海事ビジネスや海洋スポーツの専門知識を養うプログラムも開設。海をテーマに、学生の問題意識や将来設計に沿った、学科の専門やジャンルをも超えた総合的な学びを提供しています。

海を通して環境やエネルギーなどの諸問題を考え、明るい未来を切り拓きましょう。

「海洋学部」は日本で唯一、東海大学だけが持つ、海を総合的に学ぶことができる学部です。地球表面の71%を占める「海」は地球全体の気候を支配し、多様な生き物を育み、人類は太古よりその恵みを受けて生きてきました。海を理解し、海を利用し、海とともに生きていくためには、文系・理系にとらわれず、さまざまな分野を理解することが必要です。まだまだ未知の部分がたくさんある「海」について、海洋調査研修船「望星丸」による海洋実習などで総合的かつ体験的に学びましょう。海の不思議を解明して、明るい未来を切り拓いてください。

体験型実習を基盤とする海洋環境教育の実践新しいウィンドウを開きます

海洋学部の教育研究上の目的、養成する人材像

海洋学部学科一覧

海洋文明学科

さまざまな視点から海の文化・歴史を学び現代の問題を解決する力を養う。

環境社会学科

海をテーマに現代社会の環境問題を学び現場で活用する。

海洋地球科学科

地球環境を総合的に探求する能力を育み海と地球と人類の明日を考える。

水産学科 生物生産学専攻

生物と人間のつながりを理解し水生生物に関する知識と技術を習得することで人々の生活をより豊かにする。

水産学科 食品科学専攻

食に関する総合的な知識を身につけ加工技術や衛生管理技術を修得し食のスペシャリストを目指す。

海洋生物学科

ふたつの科目群を通して海洋生物と環境について学び海と人が共存する道を探る。

航海工学科 航海学専攻

資格取得を目指して実践経験を積み船舶業界をリードする

航海工学科 海洋機械工学専攻

海を中心として自然科学を学び広く社会に貢献できる技術者を目指す。

海洋建設工学科 ※

建設工学の技術を幅広く学び、海洋建設技術者としての知識・想像力を培う

海洋科学科 ※

海洋の有効利用・環境保全を目指し、海を科学的な視点から解明する

航海学科 航海専攻 ※

航海学・海運物流に精通した、船舶運航に関する即戦力人材を育成する

学生募集停止