環境社会学科

海洋学部

  • 清水キャンパス

現代社会の環境問題を「環境と自然」「環境と社会」の二つの視点から見つめ、問題解決への考え方を学びます。静岡県内の海岸、三河湾、石垣島などにおける環境保全の取り組みなど、地域社会と連携した活動も積極的に実施。現場での応用を通して実践力を養います。

環境社会学科ニュース

環境社会学科の特色

人・社会・生態系の視点から環境問題を考える

環境と政策や経済などの社会のあり方、環境を科学的に捉え守る知識と技術など、文理融合の幅広い視野で環境問題を考える力を身につけます。


市場

豊かな社会を実現するためのクリエイティブな能力を身につける

主に海とつながる地域の暮らしにスポットをあて、「まちづくり」、「地域づくり」の視点で具体的な課題の解決に取り組む力を養います。


干潟、学生

フィールドワークを通じて知識・技術を身につける

清水キャンパスのある静岡県沿岸や愛知県などさまざまな現場での応用を通じて自然との共生や環境の修復・保全のための実践力を培います。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成